株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

セキュリティ専門コース

セキュリティオペレーション実践コース 中級編

このサービスについて問い合わせる

実際にJSOCのセキュリティアナリスト養成に使用されているカリキュラムを凝縮し、様々なログや通信から、攻撃の痕跡を検出・判断するポイントを習得していただきます。
最終的には、攻撃の検証から検出、成否判断までを自ら試行することで、PSOCや CSIRT等で技術を担当する方が実環境に応用可能で実践的な技術の習得を目指します。

追加課題(オプション)について

復習や追加課題に取り組めるよう3日コースにして欲しいという受講者様からの声にこたえ、オプションで課題を追加した3日コースをご用意しております。

追加課題(オプション)では、2日間のコースで扱った実機を使い講義で扱いきれなかった課題や、より専門性の高い課題、または最近話題になった脆弱性などに関する課題などに取り組むことができます。
講師はお客様の通信を日夜分析しているセキュリティアナリストが教室におりますので講義で分からなかった箇所の質問も可能です。

こんな方にオススメです
  • IT技術者(インフラ系・開発系)
  • 情報システム・セキュリティ推進部門担当者
  • CSIRT要員(技術系)

前提条件

  • Linuxの基本的な知識とコマンドラインを利用した操作
  • ネットワークの基本的な知識と、Wiresharkの基本的な操作
  • TeraTerm、puttyなどの Windows用SSHクライアントを利用したSSH接続
  • 基本的なHTTP通信の仕組みを理解していること
  • 検索エンジンを利用した情報収集経験があると望ましい

受講の効果

  • アクセスログや通信ログ(パケットキャプチャ)の解析を通じて、公開サーバへの攻撃やマルウェア感染などの不正な通信を発見したり、攻撃によるシステムへの影響の有無を判断するための要素を会得できる
  • 公開サーバへの侵入やマルウェア感染など、実際の重大インシデントを想定したシナリオを通じて、緊急性の高い事態が自組織で発生した際に、検出から防御までの一連のサイクルを実践するための要素技術を会得できる

  • ※題材はLACが誇る日本最大級のセキュリティオペレーションセンタ「JSOC」で日々検知している実際の生のインシデントから選定して作成しています。

コース内容

  コース内容 詳細
1日目午前 1.Webサーバログ解析
  • Web サーバのログから不審性の観点を学習
2.IDS/IPSによる通信の解析
  • シグネチャ作成の手法を習得
1日目午後 3.IDS/IPSの特性
  • IDS/IPSによる対応範囲の学習
4.インバウンド通信解析
  • 外部から内部への通信に関する解析技術を習得
2日目午前 5.アウトバウンド通信解析
  • 内部から外部への通信に関する解析技術の習得
6.Proxy サーバログ解析
  • Proxyサーバのログから不審性の観点を学習
2日目午後 7.脆弱性検証
  • Metasploit Framework を用いた脆弱性検証手法を習得
8.総合演習
  • 検証、分析、検出の一連の流れを確認
3日目 9.追加課題(オプション)
  • 演習
  • 演習の解答

受講者の声

<ネットワーク運用部門の方>
現場のセキュリティアナリストから直接講義を受けられることは非常に良いと思う

<ネットワーク運用部門の方(官公庁)>
サイバー攻撃等が起こり、インシデントを自衛で分析しなければならない時に、研修で受けた内容を基に分析の方向性や手法を活かすことができる

開催日程・お申込締切日

開催日 お申込締切日
2019年11月26日(火)~11月27日(水)※
10:00~17:30
2019年11月12日(火)
2020年2月19日(水)~2月20日(木)※
10:00~17:30
2020年2月5日(水)
2020年3月11日(水)~3月12日(木)※
10:00~17:30
2020年2月26日(水)
※オプションも参加の場合は、3日間

開催内容

受講料

2日コース 250,000円(税抜)/人
3日コース 300,000円(税抜)/人
※オプションの申し込み可否は申込ページにて選択できます。

お支払方法

前入金によるお支払か、後払いによるお支払(企業様のみ)のいずれかをご選択ください。

研修期間

2日間(オプションも参加の場合は3日間)

定員

20名 最少開催人数5名

会場

株式会社ラック セミナールーム
東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー
(最寄り駅地下鉄 永田町駅4番出口から徒歩1分)
アクセス

担当講師

コースリーダー/講師

JSOCサイバーセキュリティアナリスト

山坂 匡弘

講師

JSOCサイバーセキュリティアナリスト

髙井 悠輔

他、業務現場のシニアメンバー

お申込(個人情報の取り扱いについて)

株式会社ラック(以下「当社」)は、個人情報保護方針に基づいて、お客様、お取引先様、株主の皆様、従業員の方々の個人情報を適切に管理し、個人情報の保護に努めています。具体的には、当社の個人情報の取り扱いについてをご参照ください。

個人情報の取り扱いについて

お問い合わせ専用フォームは、トライコーン株式会社が提供するWEBマーケティング用顧客管理システム『クライゼル』を利用しております。お問い合わせフォーム画面は一時的に『クライゼル』のページに移動します。予めご承知おきください。

当社の個人情報の取り扱いに同意いただけますか?

※複数名同時にお申込みの方は こちらのフォーマット(ZIP 89.2KB) をダウンロードしてお申込みください。

お見積書発行・お問い合わせ

お見積書発行
お問い合わせフォーム

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top