株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

ラックが「テレワーク先駆者百選」に選出されました

2020年11月16日 | お知らせ

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)が、今年度の「テレワーク先駆者百選」に選出されました。

「テレワーク先駆者百選」のロゴ

「テレワーク先駆者百選」とは、平成27年から総務省がテレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中で十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として公表しているものです。「テレワーク先駆者」や「テレワーク先駆者百選」は、少子高齢化の急速な進展による生産年齢人口の減少や、感染症対策として有効なテレワークのさらなる普及と促進を目的とした取り組みです。

「テレワーク先駆者百選」の選出基準は、テレワークによる勤務体制が整っていることをベースに、テレワークの対象となる従業員の50%以上もしくは100人以上が、月平均4日以上実施しているなどがあります。また、ICTを活用した長時間労働抑止を行っているか、地方創生へ貢献しているかなども評価の対象となります。

ラックは、2017年のテレワーク・デイズ(旧テレワーク・デイ)に合わせてテレワークをテスト実施、2019年4月よりテレワーク勤務規程を制定して、本格導入しました。2019年7月には全社員を対象にOffice 365導入し活用していたことで、 2020年3月からの一斉在宅勤務への移行もセキュリティを考慮した上で大きな混乱もなく実施することが出来ました。今後も引き続き、積極的なテレワークの取り組みを推進してまいります。

なお、ラックのテレワークの取り組みは、公式メディア「LAC WATCH」でご紹介しています。テレワーク環境で情報漏えいやサイバー攻撃などの被害に遭わないための方法について解説したホワイトペーパーやオンライン研修に関する情報など、さまざまなコンテンツも用意していますので、ぜひご利用ください。

ご参考情報