株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ラック、中高生のIT技術者を支援する"すごうで2016"の募集を開始

~2016年4月から、夢をかなえたい若者を強力に支援します~

2015年12月24日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨 輝彦、以下ラック)は、卓越したIT技術を持った若者を支援する「ITスーパーエンジニア・サポートプログラム"すごうで"」について、本日から、2016年度の募集を開始します。応募は2016年2月29日(当日消印有効)まで受け付け、選考により最も優れた個人またはグループには、年間100万円相当の活動支援を実施します。

2013年度にスタートした"すごうで"は、IT技術を活用して実現させたい夢がある「エンジニアの卵」を発掘し、そのチャレンジを資金と技術の両面から支援することで、多様化・高度化するIT社会において次世代を担う人材に成長してもらうことを狙いとしています。
"すごうで"は、ラスベガスで開かれた国際的な情報セキュリティ競技大会に挑戦する若者や、米国の教育現場でのIT利用状況や最先端のIT企業の現状を学びたい若者を支援するなど、若い才能を飛躍させる取り組みを続けています。
本取り組みで支援する「夢」は、ITを活用した取り組みであれば内容は問わず、ソフトウェア開発からハードウェア開発、イベント企画などいかなる企画であっても対象とし、支援対象者には活動費に加えて、当社の技術者などが夢の実現に向けたあらゆるサポートに取り組みます。

"すごうで2015"の支援により米国の視察を終えた山内奏人君は、次のようにコメントを寄せてくれています。

「これまでITに興味をもつ同年代の仲間を増やす取り組みを行ってきましたが、ラックの"すごうで"の支援のおかげで、米国の教育現場がどのようにITに関心を持つ子供を育成していて、世界有数のIT企業がそれを支えているのかを知ることができ、私の今後の取り組みに大変参考になりました。ぜひ自分の夢や課題を持っている皆さんは、"すごうで"を活用して欲しいと思います。」

すごうで2016の募集概要

1 応募資格

  1. 次のア又はイに該当すること。

    ア IT技術(システム構築技術、プログラミング技術、ハッキング技術、アルゴリズム、ITを活用した卓越したアイディア、等)を有する、応募時点で中学校、高等学校、中等教育学校、高等専門学校、特別支援学校に在学する方。
    ※応募時点で在学していれば、2016年3月卒業予定でも応募可能です。

    イ アに該当する方が過半数を占めるグループ(セキュリティ技術競技大会、プログラミング競技大会、ハッカソンの参加チームや、ソフトウェア共同開発者チームなど)。この場合、グループ全体を支援対象とします。

  2. 保護者(グループの場合は、20歳未満の方の保護者)の同意が得られること。
  3. 本プログラムの支援により、実現したい目標および具体的な活動計画があること。

2 支援内容

応募の中から最も優秀と認められる1件(個人またはグループ)を選定し、提出された活動計画に沿って、2016年4月1日から2017年1月31日までの間に、総額100万円相当を上限とする支援を行います。主な支援内容は次のとおりです。

  • ハードウェアおよびソフトウェア購入費用の提供
  • 国内・海外で行われる競技会への旅費の提供
  • 書籍などの購入費用の提供
  • トレーニングの受講費用の提供
  • 目標実現に向け、協力できる人や企業の紹介
  • その他、目標の実現に必要な支援

なお、生活のための費用や、実現目標である活動に関連のない費用に関しては、支援対象とはなりません。

3 応募方法

所定の応募申込書を、12月24日(木)から2016年2月29日(月)(当日消印有効)までの間に、株式会社ラック 「すごうで事務局」 宛てに提出してください。

すごうでのご案内はこちらをご覧ください

https://www.lac.co.jp/sugoude/

募集要項・応募申込書はこちらをごらんください

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/student-support_form.html

これまでに実施した取り組みについてはこちらをご覧ください

“すごうで2015”では、山内 奏人君を支援させていただいており、米国の4つの学校の視察と、最先端のIT企業の訪問などを実現しました。その報告は後日行う予定です。

https://www.lac.co.jp/news/2015/03/23_press_01.html

“すごうで2013” について、詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/student-support_2013.html

“すごうで2014” について、詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/student-support_2014.html

以上

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」をはじめ、「マーケティング・オートメーション支援」「ビッグデータ・アナリティクス」などの、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。2015年には、米フロスト&サリバンより、「セキュリティ監視」「脆弱性診断」「セキュリティ事故対応」「セキュリティコンサルティング」などが高く評価され、「日本市場マネージドセキュリティーサービス プロバイダー最優秀賞」を受賞しています。

 

■本件に関する問い合わせ先

株式会社ラック サイバー・グリッド・ジャパン
「すごうで2016事務局」
Tel: 03-6757-0100(代表) E-mail: sugoude2016@lac.co.jp

■報道機関からのお問い合わせ先

株式会社ラック 広報担当
Tel: 03-6757-0130 E-mail: pr@lac.co.jp

* ラック、LAC、JSOC(ジェイソック)、サイバー・グリッド・ジャパンは、株式会社ラックの国内及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top