株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ラック、若手エンジニアを応援する“すごうで2015”の支援対象者決定!

教育の場へのIT導入の夢に向け、海外の先進事例体験を希望した 東京都内の中学生、山内奏人さん

2015年03月23日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨 輝彦、以下ラック)は3月23日、突き抜けた技術力を持った若者を応援する2015年度「ITスーパーエンジニア・サポートプログラム“すごうで”」の支援対象者に、東京都在住の中学2年生、山内奏人さん(14歳)を決定しました。

東京都在住の中学2年生、山内奏人さん(14歳)

“すごうで”は、「エンジニアの卵」の夢へのチャレンジを、100万円相当の資金と技術の両面からバックアップするプログラムで、将来のIT社会を背負って立つ高度人材へと成長してもらうことを狙いとして、2013年にスタートしました。2015年度は、支援の対象を中学・高校生などの若者とし、2014年10月7日から2015年1月15日まで公募を実施。応募のあった4件について審査した結果、教育の場へのIT導入を進めるため、先進地である海外の教育現場を視察・研究したいと応募した山内さんの活動計画が最も高い評価を獲得しました。

山内さんが“すごうで”の申し込みに際して教育の場へのIT導入を提案したのは、日ごろの学校生活を通じてIT活用が進んでいないと実感していたためでした。一方、海外では、生徒が当たり前のように授業でパソコンを使いこなしているとされています。山内さんは、そうした先進地の現場を視察することで、同様のことが日本でできない理由を探り、IT導入を促進するための方策を研究したいと今回の応募に至りました。ITのある環境が日常的になれば「学びがもっと楽しく、効率的になる」、そして「生徒がITそのものに興味を持ち、知りたくなる」。山内さんは、いずれこの取り組みが成功すればほかの学校にも紹介してIT導入を広く進めたいと話しています。

山内さん自身は、今回の応募者の中では最年少ながら、小学6年生だった2012年に中高生向け国際Rubyプログラミングコンテストの15歳以下の部門で最優秀賞を受賞するなど、申し分のない実績を持つ若手プログラマーです。実力だけでなく行動力も備わり、プログラミングの楽しさ、便利さを広く伝えたいと、仲間と作ったチーム「It is IT」で子供向けワークショップを開催するなど、幅広い活動を展開しています。

ラックは、山内さんの提案が「『ITによって社会に変革をもたらす逸材』を発掘したい」との“すごうで”の趣旨に最も合致し、これを支援することが山内さんの“夢への一歩”に貢献できると判断しました。

山内さんの提案に関する主な評価は次の通りです。

〔主な評価〕

  • IT技術を使用して教育現場に変化を起こしたいとの試みは非常に興味深い。
  • 学校のIT化は政府主導で進められてもいるが、高度なITスキルを保持する中学生自身が現場で考えた等身大の提案というアプローチも大事。課題も出るだろうが、それを知り、解決策を探ることも本人の成長につながる。
  • IT活用のための仕組み作りというアイデアは、「若手IT人材の育成」の観点からも裾野を広げることになる。

4月から来年1月まで、ラックは海外視察先の選定・調整を進め、渡航費、IT導入の仕組み作りの検討に必要なデバイスやソフトウェアの購入費用などを100万円まで負担します。また、社員が技術的な助言なども行う予定です。

IT分野の人材不足が叫ばれる昨今ですが、才能は興味や関心から生まれ、磨かれます。コンピュータやプログラミングなどは比較的若い段階でそのおもしろさに目覚めるケースが多いとされ、環境次第で大きく成長することが可能です。ラックはすごうでのプログラムを通じ、伸びゆく若手エンジニアを社会全体で支える雰囲気を作り、盛り立てていきたいと願っています。そのためには、賛同を得られた国内外の企業とも幅広く連携していければと考えています。志を同じくする企業の皆さま、ぜひご協力ください。

以上

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、1995年にいち早く情報セキュリティ事業を開始しました。2012年4月にグループの合併により、株式会社ラックとして新たにスタート。サイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、豊富な実績を誇る「脆弱性 診断サービス」、日本最大級の「セキュリティ監視センターJSOC」による24時間365日のセキュリティ監視・分析サービス、情報漏えい事故などの緊急対応・支援をする「サイバー119」などのサービスを提供しています。「システム開発」では、多くの実績を誇る金融系の基盤システム開発、eコマースサイト「マーケティング・オートメーション支援」、ビッグデータを活用する「データ・アナリティクス」など、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。

 

* LAC、ラック、サイバー・グリッド・ジャパン、JSOC(ジェイソック)は、株式会社ラックの国内及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top