株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

ラック、企業のテレワークセキュリティ状況を自己診断できる無料Webサービス「テレワーク環境セキュリティ対策簡易チェック」を公開

~質問票への回答によって、テレワーク環境のリスクを可視化する~

2021年1月21日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、2021年1月21日より、企業のテレワーク環境のセキュリティ状況を自己診断できる無料Webサービス「テレワーク環境セキュリティ対策簡易チェック」を公開しました。自社のテレワーク環境の安全性に不安のある場合や、セキュリティリスクの全体的な状況を把握するために、ご活用いただけます。

テレワーク環境セキュリティ対策簡易チェック

コロナ禍による緊急事態宣言などにより、企業のテレワーク導入が大幅に進みました。その一方で、社外からオフィスネットワークに接続する端末や、接続する際の認証の仕組みを狙ったサイバー攻撃なども大幅に増加しています。また、テレワークではサイバー攻撃だけでなく、利用者の端末の安全な利用方法、会社で設定するセキュリティポリシーの徹底も困難となり、情報漏えいのリスクにつながることもあります。

ラックでは、これまでお客様からテレワークセキュリティに関する様々な相談を受けてきました。そして、どこをどのように調べたらよいか分からない、リスクについての指摘を受けてもどんな対策を検討したらいいか分からない、さらには単に相談するという行為についても大きなハードルがあるという声を、非常に多くのお客様からいただきました。

このサービスでは、テレワーク環境の導入、拡大によって変化した、セキュリティリスクを簡単に把握していただけるよう、ラックの専門的な経験と知識を反映したアセスメントシートを用意し、質問票にチェックを入れていくだけで、自社のテレワークセキュリティの状態を診断できます。専門知識を持たない方であっても、自身でアセスメントを行え、セキュリティ対策状況の社内調査や、セキュリティ対策を専門事業者へ依頼する際の準備としてもお役立ていただけます。

テレワーク環境セキュリティ対策簡易チェック アセスメントのページ画面
テレワーク環境セキュリティ対策簡易チェック アセスメントのページ画面

緊急対策Webセミナー開催のお知らせ

再び発令されたコロナ禍による緊急事態宣言、テレワークをトラブルなく安全に使うための要点について学びたい方のために、緊急対策Webセミナーを開催します。

セミナー
タイトル
【緊急対策セミナー】テレワーク環境のセキュリティ事故に備えよ
~緊急事態宣言再発令を受けて、見つめなおすリスクと対策~
開催日時 2021年2月16日(火) 13:00~14:30
開催形式 オンライン
参加費 無料(事前登録制)
申し込み こちらのフォームより、お申込みください。

※ トライコーン株式会社が提供する顧客管理システム『クライゼル』のフォームに移動します。

ラックでは、日本の働き方改革を推し進めるテレワークが、企業や従業員にとっても安全で快適なものとなるよう、今後も様々な取り組みを通して社会に貢献できる事業活動を行ってまいります。

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」を初め、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、企業・官公庁・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。