株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ラック、メインフレームのキャパシティ分析とコスト削減を実現する新サービスの提供を開始

~BMCソフトウェア社との協業によりBMC AMI Capacity and Cost Managementを活用したサービスを提供~

2020年10月27日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、自律型デジタルエンタープライズのためのITソリューションを提供するBMCソフトウェア社(本社:テキサス州ヒューストン、カントリーディレクター:古賀 芳和、以下 BMC)と包括的なパートナー契約を締結し、メインフレームのキャパシティとコストの分析・運用コンサルティングを行う「メインフレームキャパシティ管理サービス」の提供を2020年10月27日より開始しました。

メインフレームは、従来から信頼性、可用性、拡張性、堅牢性などに優れており、クラウドが普及した現在でもクラウド・モバイルへの対応やオープン系処理専用プロセッサーの搭載などの変革を経て、今なお金融機関を中心とした社会インフラを支えるシステムに活用されています。しかしその運用においてはコストが大きな問題となっており、ベンダーから提供される情報だけではコストが適切かどうかの判断が難しいという課題があります。

「メインフレームキャパシティ管理サービス」はこのような課題に対して、BMC AMI Capacity ManagementおよびBMC AMI Cost Managementを活用しシステムの詳細な稼働状況のデータを収集、分析し、運用コストの中で比重の高いハードウェアやIBMソフトウェアライセンス費の最適化を実現するサービスです。

サービスの特徴

メインフレームのキャパシティ分析とコスト最適化シミュレーション

システムが記録する各種イベント情報SMF(System Management Facilities)等の情報を元に、BMC AMI Capacity Managementソリューションを使ってメインフレームのキャパシティやIBMソフトウェアライセンス費の分析、予測、シミュレーションを行い、システム更改時のハードウェアの選定、CPUの個数や区画の割当、将来に向けた改善案の提案を提供します。

サービスの全体図
サービスの全体図

分析に使用するツール

BMC AMI Capacity Management / メインフレームのキャパシティの分析・プランニング
SMFやシステム構成情報等を基に、キャパシティの現状把握、n年後のキャパシティ状況予測、システム更改時におけるH/W選定・CPU個数・区画割り振り等のシミュレーションを行う。

BMC AMI Cost Management / メインフレームのコストの分析・最適化のシミュレーション
SMFやシステム構成情報等を基に、コストの現状分析、コスト課題把握、コスト最適化案の策定およびシミュレーションを行い、ソフトウェアライセンス契約やシステム毎コスト平準化の提言を行う。

分析のために収集する情報

  • CPUや専用プロセッサーのリソース状況
  • システムのパフォーマンス
  • 筐体間、LPAR間の使用状況バランス
  • ピーク月日時やピークCPU消費時間帯での稼働JOB/STC特性
  • ワークロードの構成要素
  • 各プロダクトの使用状況

システムの第三者評価、最適化の提案

当社にてBMC社ツールによるデータを分析した結果を元に、メインフレーム活用における最適な運用提案を行います。

運用提案の内容

  • 次期ハードウェア更改見積もりの前提条件の整理
  • CPU更改前後でのパフォーマンス比較
  • チャネルパフォーマンス等システムのハードウェア全体評価
  • 現状の課金契約に基づくコスト要因分析
  • ワークロード分散シミュレーションによるコスト圧縮プラン
  • 契約更改を見据えたMSU値削減プラン

サービスメニュー

サービスメニュー ライセンス 分析 使用ツール
6カ月プラン MIPS従量課金期間ライセンス※1 報告(レポート含む)12回 BMC AMI Capacity Management
BMC AMI Cost Management
のいずれか※2
永続プラン※3 MIPS従量課金永続ライセンス※1 月1回のレポート BMC AMI Capacity Management
BMC AMI Cost Management
の複合サービス※2
サービスメニュー 6カ月プラン 永続プラン※3
ライセンス MIPS従量課金
期間ライセンス※1
MIPS従量課金
永続ライセンス※1
分析 報告
(レポート含む)
12回
月1回のレポート
使用
ツール
BMC AMI Capacity Management /
BMC AMI Cost Management
のいずれか※2
BMC AMI Capacity Management /
BMC AMI Cost Management
の複合サービス※2

※1 システムの規模等に準じて応相談

※2 BMC AMI Cost Managementを使用する場合はソフトウェア・ライセンス形態がMLCの場合に限る

※3 最初に過去ピーク月1カ月分のデータを解析し3カ月で総合評価報告、4カ月目以降に定期レポート

ご参考情報

メインフレームキャパシティ管理サービス

今回のパートナー契約を締結に際し、BMC社のカントリーディレクター 古賀 芳和氏よりエンドースメントメッセージをいただきました。

BMCの最新のメインフレーム調査によりますと、90%のお客様が今後もメインフレームを長期的に利用し、かつ、新しいワークロードの利用も増えると回答されています。コストがお客様の最優先事項の一つとなっている所以でもあります。BMCはAMI Capacity Managementをはじめ各種ソフトウェア製品でお客様の運用コスト最適化に貢献してきました。今回のラック様との提携により、分析サービスや運用コンサルティングを加えることできるようになり、お客様にとりましてより最適なソリューションを提供できる体制が整いました。

BMC社
 カントリーディレクター 古賀 芳和

本取り組みに対する当社執行役員 倉持 浩明のメッセージです。

メインフレームの運用管理ソリューションを牽引するBMC社と、金融機関をはじめとしたミッションクリティカルな大規模システムの構築・運用を手掛けてきた当社の経験とを融合することにより、日本国内のメインフレームユーザーに最適な運用管理をご提案していくことができると確信しています。金融機関や公共機関などで運用される大規模な基幹業務システムでは、今なお多数のメインフレームが現役で稼働しています。また昨今のメインフレームは、オープンシステムで培われた技術の導入や、クラウドなどのネットワークサービスとの連携が強化されています。当社は、単なるメインフレームのコスト削減だけではなく、全体最適の観点から、企業のIT運用・IT投資の最適解をご提案してまいります。

ラック
 執行役員 倉持 浩明

ラックは今後とも、メインフレーム分析ソリューションにより、企業が持つIT運用予算を最適な企業経営にお役立ていただく支援を進めてまいります。

BMCソフトウェア社について

https://www.bmcsoftware.jp/

コアからクラウド、その先のエッジまで、BMCはソフトウェアとサービスを提供し、Forbes Global 100社の84%を含む10,000社を超える世界の顧客企業が、自律型デジタルエンタープライズへと進化する歩みを支援します。

BMC、BMC Software、BMCロゴ、およびその他のBMC商標は、BMC Software, Inc.の独占資産であり、米国や諸外国の特許商標局に登録済みまたは登録申請中です。

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」など、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、企業・官公庁・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top