株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ラック、スマートシティ/スーパーシティの安全を見守るセキュリティサービス構想を発表

~サイバーセキュリティ対策の豊富な経験で、地域住民のリスクを検知する~

2020年07月03日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、2020年7月3日に開催する「Super City / Smart City Osaka 2020」において、「街全体を見守る総合的なセキュリティ分析サービス(コードネーム:town)」構想を発表しました。

スマートシティ/スーパーシティ向けセキュリティサービス構想

ラックが取り組むスマートシティ/スーパーシティ向けセキュリティサービス構想

スマートフォンやキャッシュレス決済などの普及により、人々の生活にもデジタル変革の波が押し寄せ、様々な住宅設備や電子機器がネットワークに接続されるIoTの普及も進んでいます。将来の地域社会においては、地域住民と行政、事業者のほぼすべてがインターネットに接続され、様々な行政、医療などの社会基盤サービスの利便性が向上するでしょう。このようなスマートシティ/スーパーシティにおいては住民の安心、安全を見守るセキュリティサービスが必要不可欠です。ラックでは、これまでセキュリティ事業やシステム開発事業で培った経験を活かし、スマート化された地域社会と住民を守る新たなセキュリティサービスの実現に取り組んでいきます。

「town」が実現したい地域サービスの将来像 

townでは、街中のセンサーから得られるデータから「異常事象」を検出するセキュリティサービスを提供し、地域社会の他のシステムや住民サービスと連携し、安全を守るスマートシティ/スーパーシティの実現に貢献することを目標としています。その具体的なサービスのイメージとして3つのケースを紹介します。

ケース1:災害に強いスマートシティ

気象データおよび街中のセンサーからの情報を統合することで、地域の細かなエリアでの災害状況を把握し、予測します。収集したデータ解析により、住民の避難誘導や交通の制御や被害状況把握のためのドローンの誘導などを行える情報を提供します。

ケース2:家庭の安全を守るスマートシティ

電気・ガス・水道などのスマートメーターからデータを収集解析し、設備の故障や住民の生命に関わる事故や病気の可能性についてアラートを出します。住民の安否確認やレスキュー隊の派遣など、速やかに判断が行える情報を提供します。

ケース3:交通事故から住民を守るスマートシティ

監視カメラが夜間に路上で倒れた人をとらえた場合など、周囲のセンサーからの補完情報(例えば通行車両の情報)と関連付けることで、交通事故など生死にかかわる危機的状況を判断可能な情報を提供し、監視カメラ付属のライトを遠隔操作し、路上に転倒する人を照らすことで通行車両に危険を知らせるなど、事故を防ぐことを可能にします。

スマートシティ/スーパーシティの実現には、セキュリティに特化した技術を持つラックと地域の自治体、事業者との「共創」が不可欠です。ラックでは、安全で快適な未来の街づくりに関心のある自治体、地域事業者を広く求めています。

ご参考情報

スマートシティ/スーパーシティ向けセキュリティサービス構想

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」をはじめ、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top