株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

ラック、20歳未満の有望な若手技術者の活動を支援するサポートプログラム “すごうで” を発表

~2014年度の公募は2月の情報セキュリティ月間に開始~

2013年12月21日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨 輝彦、以下ラック)は、類まれなIT技術を持った20歳未満の若者を対象に、年間100万円相当の活動を支援する取り組み、「U-20 ITスーパーエンジニア・サポートプログラム “すごうで”」を開始します。また、2014年度の公募は、情報セキュリティ月間である2014年2月より始めます。

昨今のサイバー攻撃は、執拗に企業の知的財産を狙う標的型攻撃に代表されるように、非常に複雑化、巧妙化しており、それに伴い情報セキュリティ対策は難易度を増してきています。ラックに対しても、多くの企業から対策に関する問い合わせが寄せられておりますが、様々な提案活動を行ってもそれを理解して自社内でセキュリティ対策を推進できる技術者が不在なケースも多いのが現状です。今後、企業が、主体的にセキュリティ対策を進めるに当たり、技術者不足が深刻化することが予想されます。

「U-20 ITスーパーエンジニア・サポートプログラム “すごうで”」は、ラックがこれまで行ってきた若手IT技術者の活動を支援する取り組みを体系化したものです。ラックは従来より、情報セキュリティについて本格的に学びたいという意欲を持った若者を支援するため、情報セキュリティ人材の発掘・育成を行う取り組み「セキュリティ・キャンプ」をはじめとし、互いに競争することで技術を磨くための競技大会 CTF(Capture The Flag)や、Webサイトの運用力を競う日本発の新しい情報セキュリティ技術競技会「Hardening Project」の支援など、セキュリティ技術を持ったIT人材の発掘および育成に取り組んできました。ラックはこれら活動を通じ日本にも突出したIT技術を持つ若者がいることを知り、その才能を開花させる目的で本プログラムの提供を開始します。

本プログラムの2014年度の公募は、政府が行う情報セキュリティ対策の普及啓発活動「情報セキュリティ月間」である2月より3月末まで実施します。本プログラムの支援対象となる20歳未満の若者は、ラックへ応募された個人、もしくはグループの中から、ラックのサイバー・グリッド研究所が選考を行い決定します。6月上旬に選考発表をするとともに、支援活動を開始します。ラックは、本取り組みを通し、未来の情報セキュリティ人財の育成を支援し、日本の企業が不安なくITシステムを活用できる環境の実現を目指します。

U-20 ITスーパーエンジニア・サポートプログラム “すごうで”

https://www.lac.co.jp/corporate/citizenship/student-support.html

以上

「U-20 ITスーパーエンジニア・サポートプログラム "すごうで"」 実施内容

応募資格

  1. (1) IT技術(システム構築技術、プログラミング技術、ハッキング技術、アルゴリズム、ITを活用した卓越したアイディア、等)を有する、2014年4月1日現在20歳未満(1994年4月2日生まれ以降。以下同じ)の個人。
    または、
    (2) 上述のIT技術を持った20歳未満の方が過半数を占めるグループ(セキュリティ技術競技大会参加チームや、ソフトウェア共同開発者チームなど)。
  2. 保護者の許可および、学生・生徒の場合には在籍する学校の応募に関する許可が得られること。グループの場合は、20歳未満の構成員すべてに関し許可が得られること。
    本プログラムの支援により、実現したい目標および具体的な活動計画があること

支援内容

応募された活動計画に沿って、2014年6月1日から2015年1月31日までの間に、総額100万円相当を上限とする支援を行います。主な支援内容は次のとおりです。

  • ハードウェアおよびソフトウェアの提供
  • セキュリティ技術競技への渡航費用の提供
  • 書籍などの購入費用の提供
  • トレーニングの受講費用の提供
  • 実現に向け協力できる人や企業の紹介
  • その他、目標の実現に必要な支援

なお、生活のための費用や、実現目標である活動に関連のない費用に関しては、支援対象とはなりません。

応募期間と方法

  • 2014年度の募集期間は、2014年2月から3月末まで
  • 応募申込書、保護者/学校の許諾書、活動計画書を添付して応募する。

※詳細は、2014年1月下旬発表予定の募集要項をご覧ください。

「U-20 ITスーパーエンジニア・サポートプログラム す・ご・う・で」支援サイクル

株式会社ラックについて

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、1995年にいち早くセキュリティ事業を開始。2012年4月にグループの合併により、株式会社ラックとして新たにスタート。サイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、豊富な実績を誇る「脆弱性 診断サービス」、日本最大級の「セキュリティ監視センターJSOC」による24時間365日のセキュリティ監視・分析サービス、情報漏えい事故などの緊急対応・支援をする「サイバー119」の提供をはじめ、金融機関向け基盤システム開発で培った「システム開発」など、官公庁・企業・団体等のお客様にITトータルソリューションサービスを提供しています。

 

【本件に関する問い合わせ先】

株式会社ラック 「すごうで」担当
E-mail: sugoude2014@lac.co.jp

【報道機関からのお問い合わせ先】

株式会社ラック 広報担当
Tel: 03-6757-0130 E-mail: pr@lac.co.jp

* LAC、ラック、JSOC(ジェイソック)は、株式会社ラックの登録商標です。
* その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top