株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

ラック、IT技術およびセキュリティの情報を掲載した「ラック レポート 2013 SUMMER」を発行

~お客様からの要望に応え、最新の技術情報を季刊で提供開始~

2013年8月 6日 | プレス

報道関係各位
株式会社ラック

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨輝彦、以下ラック)は、昨今の情報セキュリティ事故の頻発による企業のセキュリティ意識の高まりを受けて、ラックが把握しているセキュリティ関連の情報と情報システム関連の技術情報などを掲載した、「ラック レポート 2013 SUMMER」を提供いたしました。

「ラック レポート」は、昨今のセキュリティ意識の高まりから、多くのお客様よりラックが把握しているセキュリティ情報を提供してほしいという要望をいただき、それらの声にお応えするため、ラックの強みであるセキュリティ関連の情報を提供する「ラック レポート」を発行することとなりました。本レポートは、ITシステムを利用されている管理者や、ITをビジネスに活用されている企業の経営者に向けて、セキュリティ事故対応、セキュリティ診断、セキュリティ監視、システムインテグレーションの各部門が注視しているIT技術情報や脅威情報について、季刊ペースで掘り下げた記事を掲載し、当社Webサイトから無償でダウンロードできる形で提供いたします。

ラック レポート 2013 SUMMER

「ラック レポート 2013 SUMMER」

レポートは、ラックがサービスを提供する基礎情報として、日々発見される脆弱性の情報を把握し、コンピュータウイルスや悪事を働く不正な行為(サイバー攻撃)などを収集した情報や、多くの国内企業のセキュリティ監視や事故対応から得られた生の脅威情報を蓄積したものです。

「ラック レポート 2013 SUMMER」では、2013年7月18日に注意喚起を行ったApache Struts2の脆弱性を悪用した事案を受け、お客様の関心が高いWeb改ざんに関して掘り下げた記事を多く掲載します。

※ご参考:Apache Struts2 の脆弱性(S2-016)を悪用した攻撃の急増について(注意喚起)

ラックは、「ラック レポート」を皮切りに、従来から提供してきた「JSOCレポート」や「統合リスク管理レポート」など情報提供の拡張を順次進め、お客様のセキュリティ対策に貢献したいと考えています。

以上

株式会社ラックについて

2012年4月に持株会社ラックホールディングスと完全子会社3社(ラック、エー・アンド・アイ システム、アイティークルー)が経営統合し、高度な情報セキュリティ技術に裏付けられたITトータルソリューションを提供する株式会社ラック(新生ラック)として新たにスタート、サイバー社会の安全に貢献してまいります。前身であるラックは、1986年9月3日に設立され、セキュリティソリューション分野でのリーディングカンパニーとして、1995年より提供する「脆弱性 診断サービス」、国内最大級の「セキュリティ監視センターJSOC」による24時間365日の高度なセキュリティ監視・分析サービスの提供、「サイバー救急センター」による情報漏えい事故などの緊急対応・支援など、官公庁・企業・団体等のお客様に総合的なセキュリティソリューションサービスを提供しています。

 

■お客様からのお問い合わせ先

株式会社ラック
E-mail: sales@lac.co.jp
お問い合わせフォーム

■報道機関からのお問い合わせ先

株式会社ラック 広報担当
Tel: 03-6757-0130 E-mail: pr@lac.co.jp

* LAC、ラック、JSOC(ジェイソック)は、株式会社ラックの登録商標です。
* その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。