株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

ラック、ICT・IoT活用で地域活性をサポートする、地域商社事業「黒こ」を発表

~地域に根差したビジネスの成長を、黒子となって継続的に支援する~

2022年5月25日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、地域活性をテーマにした新規事業開発のひとつとして、ICTやIoTを活用し、地域に根差したビジネスが成長するサイクルをサポートする、地域商社事業「黒こ」を2022年5月25日に発表しました。

地域商社事業「黒こ」ロゴ

人口減少や少子高齢化により、多くの地域で生産活動を担う人口が減少しています。さらに、地域外の事業者に商流を依存することによって、所得の流入よりも、地域外への価値・利益・投資の流出が大きくなり、地域の経済が縮小する問題が生じています。地域をより豊かにしていくためには、地域外に特産品や観光サービスを販売し、その利益や投資が地域内に還元されることが重要です。

ラックの地域商社事業「黒こ」は、あくまで地域が主体となった事業サイクルの強化と総合的なマーケティングをサポートします。地場の既存産業と連携し、ITを駆使した課題の調査・企画・調達・流通など、地域のビジネスが成長するサイクルを提案します。さらに、地域の外の消費者に地域の商材・サービスを提供することによって得られる、消費者の動向、お客様の声の回収・分析フィードバック等、地域事業者が商品の改善や新たな商品開発、販路開拓に役立てられる情報を入手できる仕組みを提案します。地域外の消費者とは、フィードバックの還流だけでなく、「関係人口」として継続的に地域のファンとして繋がっている仕組みを地域との共創で生み出します。
ラックの地域商社事業「黒こ」はこれらの価値を、東京の会社としてではなく、その場に根差した形で地域内に入りこんで定着していくアプローチを取ることを特徴としております。

「黒こ」による地域事業サポートのイメージ
「黒こ」による地域事業サポートのイメージ

さらに、地域での商社事業をよりセキュアに保つために、ラックの地域向けIoTプラットフォーム「town」に連携できるSmartXサービスを活用することも可能です。地域商社事業「黒こ」は地域のさまざまな課題に合わせた解決策を地域事業者とともに創出し、継続的な事業の成長をサポートすることで、地域社会の発展に貢献します。

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、システムインテグレーションとサイバーセキュリティの豊富な経験と最新技術で、社会や事業の様々な課題を解決するサービスを提供しています。創業当初から金融系や製造業など日本の社会を支える基盤システムの開発に携わり、近年ではAIやクラウド、テレワークなどDX時代に適した最新のITサービスも手掛けています。また、日本初の情報セキュリティサービス開始から25有余年にわたり、国内最大級のセキュリティ監視センターJSOC、サイバー救急センター、脆弱性診断、ペネトレーションテストやIoTセキュリティなど常に最新のサイバー攻撃対策や事故対応の最前線に立ち、情報セキュリティ分野のリーディング企業としても成長を続けています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載している会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。