株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

ラック、クラウド時代のセキュリティマネジメントを「セキュリティ診断レポート」で啓発

~クラウドサービス活用時代の、適切なセキュリティ対策を立案する3つの視点とは~

2021年10月13日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、クラウド活用の普及が進む現代社会に考えるべきセキュリティ対策をまとめた、「セキュリティ診断レポート 2021 秋」を2021年10月13日に公開しました。

デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現させる手段の一つに、クラウドサービスの活用が挙げられます。今回の診断レポートでは、「SaaSを利用する際の注意点」、「クラウド環境下におけるセキュリティ対策」、「クラウドへアクセスする環境の物理セキュリティ対策」の3つの視点から、クラウドサービスを適切に活用するためのセキュリティ対策のポイントを解説します。

セキュリティ診断レポート 2021 秋~クラウド時代のセキュリティマネジメント

本レポートの構成

1. 「SaaSを利用する時の注意点、意識していますか?」

DXに欠かせないSaaSですが、セキュリティインシデントも少なくありません。インシデント事例から得られる教訓を踏まえ、SaaSを利用する際に注意が必要なポイントを整理したので、ぜひ自組織内で確認してみてください。確認をすることが推奨される項目のチェックシートも、一例としてご紹介しています。

2. 「セキュリティ対策ライフサイクルの確立に向けて」

クラウドサービスを安全に運用していくには、多岐にわたる考慮事項を適切に設定し、体系立てた対策を行うことが有効です。クラウドのセキュリティ対策を効率良くライフサイクル化していくプロセスと、アプローチ法についてご説明いたします。

3. 「物理セキュリティを加えたアクセス制御とは」

クラウドのセキュリティ対策で忘れてはいけないのが、クラウドにアクセスする環境をいかに安全にするかという観点です。クラウドシステム上のセキュリティを確保しても、アクセス環境のセキュリティが確保されていなければシステムの中が丸見えです。それを防ぐための、クラウドにアクセスする環境の物理セキュリティ対策を考えます。

4. 「セキュリティ診断結果の傾向分析【2020年版】Webアプリケーション診断ならびにプラットフォーム診断」

2020年に行った、ラックのWebアプリケーション診断とプラットフォーム診断の結果を分析し、お客様の対策状況や検出されやすい脆弱性を解説します。また、それぞれの診断で検出された脆弱性TOP10や、脆弱性を生み出してしまう原因についても説明しています。

本レポートが、企業や団体のシステムを管理する関係者に広く活用されるとともに、近年のサイバー攻撃への備えの一助となることを期待しています。

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、システムインテグレーションとサイバーセキュリティの豊富な経験と最新技術で、社会や事業の様々な課題を解決するサービスを提供しています。創業当初から金融系や製造業など日本の社会を支える基盤システムの開発に携わり、近年ではAIやクラウド、テレワークなどDX時代に適した最新のITサービスも手掛けています。また、日本初の情報セキュリティサービス開始から25有余年にわたり、国内最大級のセキュリティ監視センターJSOC、サイバー救急センター、脆弱性診断、ペネトレーションテストやIoTセキュリティなど常に最新のサイバー攻撃対策や事故対応の最前線に立ち、情報セキュリティ分野のリーディング企業としても成長を続けています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。