株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

ラック、鹿児島大学大学院からサイバーセキュリティ講座の支援活動について表彰を受ける

~鹿児島大学の学生にサイバーセキュリティの重要性の種を、そして九州全体、日本へと広げる~

2021年3月30日 | プレス

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、国立大学法人鹿児島大学(以下、鹿児島大学)大学院の授業『サイバーセキュリティ特論』への継続的な支援を評価され、鹿児島大学からその活動を表彰されました。この授業は理工学研究科の工学系学生の必修授業として開講され、セキュリティ関連としては大学院初の取り組みであり、全国的にも先駆的な試みとなりました。

『サイバーセキュリティ特論』への継続的な支援を評価され、鹿児島大学からその活動を表彰されました

今回の表彰は、鹿児島大学とラック、鹿児島県警の産学官連携協定に基づき、鹿児島大学学生のサイバーセキュリティ意識の向上のため、継続的に取り組んでいる活動と貢献を評価されたものです。主に次の内容を評価いただきました。

鹿児島大学大学院理工学研究科への授業支援の実施

令和2年から、大学院理工学研究科が新たに開設した必修授業(工学系)『情報セキュリティ特論』(受講生200~230名)における15コマ中6コマにおいて、ラックの専門知識を有する最前線の講師が支援しました。当取り組みは、令和6年まで5年間継続的に支援する予定です。

具体的には、攻撃検出の技術的背景、組織防衛としてのCSIRT、デジタルフォレンジックの意味と必要性など、組織が取り組むべきサイバーセキュリティの実践的な知識と手法が学べる講義です。

国立大学大学院理工学研究科への継続的な授業支援はラックとして初めての取り組みです。ラックは、引き続き自社のサイバーセキュリティの知見を地域社会の安全に役立つ活動として普及啓発してまいります。

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp/

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」をはじめ、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。