株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

2020年3月期 第1四半期決算について

2019年08月08日 | IRニュース

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎)は、本日、2020年3月期 第1四半期決算を発表しましたのでお知らせいたします。

決算サマリー

売上高

セキュリティソリューションサービス事業(SSS事業)は、製品販売等が拡大したことにより増収となり、システムインテグレーションサービス事業(SIS事業)は、HW/SW販売が拡大したものの、開発サービスが減少したことにより微減収となりました。この結果、91億66百万円(前年同期比4.8%増)となりました。

営業利益

業務効率の向上に向けた社内ITシステムの刷新や事業拡大のための拠点新設等の戦略投資を実施したことなどにより、営業損失は145百万円(前年同期は営業利益118百万円)となりました。

親会社株主に帰属する四半期純利益

営業利益、経常利益ともに減益となったことから、親会社株主に帰属する四半期純損失は74百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純利益17百万円)となりました。

詳細は、以下の決算資料にてご確認ください。

2020年3月期 第1四半期決算

決算短信(PDF 310KB)

決算説明資料(PDF 1,957KB)

以上

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top