株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

2018年 社長年頭挨拶(要旨)

2018年01月01日 | お知らせ

当社代表取締役社長 西本逸郎による、ラックグループ社員向けの年頭挨拶(要旨)を下記の通りお知らせします。

皆さん、あけましておめでとうございます。新年にあたり、ラックグループの皆さんに一言ご挨拶を申し上げます。

年頭にあたり大きく三つのことに関してお話をさせていただきます。

今年2018年はご存じのとおり、東京オリンピック・パラリンピックの前哨戦と言われているラグビーワールドカップまで残り1年という年です。社会変革の世界的潮流に乗り遅れている日本では様々な課題はあるものの、これらの世界的なイベントを活用し、日本再構築の仕上げをできるところまでやらなければならないことは誰もが認めるところです。
政府が進めているIoTやAIを基盤としたSociety5.0、Connected Industryのほか、Connected Car、Fintechなども目に見える形で急速に進むでしょう。つまり、この1年で起きる変化の把握とそれらへの対応が極めて重要となります。
そこで、まず各自が自分の周りや足元から先進テクノロジーを活用し、働き方を変えていくことが必要だと改めて申し上げます。技術部門よりも、とりわけ営業や管理部門などからテクノロジーの活用が求められています。時代の変化を認識し、自ら速やかにテクノロジーの活用に取り組みましょう。

次は、当社の社会的な立ち位置に関することです。生み出す利益は存在価値そのものです。赤字は言うまでもなく、利益成長できない会社はある意味、存続する価値のない会社であるという認識も重要です。皆さんが胸を張って働ける会社であるためには、私たちの強みの一つであるセキュリティ事業は特に確実に利益を上げ、成長に向けての再投資を行った上で、国や企業をしっかりと守れるように腕を磨き続けなければなりません。
また、会社の規模も重要です。課題の利益率(収益力)や利益成長力とともに、新聞等の統計の対象となる規模の壁を最低でも突破しなければなりません。

最後は、組織の骨格についてとなります。このようなことを踏まえて中期経営計画『TRY ステージ 2』を策定するにあたり、組織の骨格を再構築する時期に来ていると考えています。
市場の状況は、世界レベルで戦っている金融市場、Connected CarやConnected IndustryにSociety5.0などで構造が変わりつつある製造業や流通業などの多くの産業市場でお客様自体が変化しつつあります。当社もその変化に対応できる体制を準備する必要があります。

私たち自身が持っている技術(=誇れるもの)を最大限に活かせるように、変化している市場に対応できる体制を整えていかねばなりません。具体的には、営業と技術を統合して市場に対して直接的に衝撃力を持つ陣容で臨んでいこうというものです。それにより市場が変わりつつある今こそ当社のブランドの柱であるセキュリティ事業と信頼の柱となるSI事業の二本柱を活かし、この変化している市場で思う存分腕を奮っていただくよう期待しています。
同時に、現在進めている「働き方改革」を確実に推進していきます。皆さんに「働きがい」を持っていただき、生産性を向上させ、また、業務プロセスを変革する活動もさらに推進していきます。こうした取り組みは事業を継続する上で必須となる利益獲得に直結します。必ず成功させましょう。

組織をなぜ変化させる必要があるのかを、よく理解いただき激動の真っ只中の新しい年を楽しんでください。

基本的にはこの三点を基軸にして今年も頑張っていきます。是非、皆さんが互いに協力して今よりさらに良い会社にしていきましょう。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

以上

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top