株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

マイクロソフトとラック、 クラウド時代の新セキュリティ対策実現に向けた 「ID-based Security イニシアティブ」を発足

クラウドへの安全で適正なアクセスを実現する、 IDを活用したセキュリティソリューションの普及を促進

2017年06月23日 | プレス

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:平野 拓也 以下日本マイクロソフト)と、株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下ラック)は、セキュリティおよびクラウド・ソリューションに取り組む計8社で「ID-based Security イニシアティブ」を発足、2017年6月23日より活動を開始します。ID-based Security イニシアティブは、"ID"を活用した、クラウド時代におけるセキュリティ対策の普及促進を目的とした企業連携による取り組みで、次の8社が発足メンバーとして参加します。

  • 株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ
  • F5ネットワークスジャパン合同会社
  • サイバートラスト株式会社
  • Sansan株式会社
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • 富士通株式会社
  • 株式会社マネーフォワード
  • 株式会社ラック
  • (社名五十音順)

社員の多様な働き方を認める働き方改革の機運が高まる中、クラウドサービスやIoT(Internet of Things)サービスなどの急速な普及により、インターネット環境下であれば、場所を問わずさまざまなデバイスから企業システムへアクセスできる環境が整いつつあり、利用ニーズも高まっています。しかし、こうした企業システム環境変化によって、持ち込みPCによるランサムウェア「WannaCry」への感染が発生するなど、多くの企業が導入している「企業内ネットワークにおけるセキュリティ対策」だけで十分な対策を講じることは難しくなってきており、多くの企業ではユーザー、デバイス、アプリケーションなどに制限を設けたり、用途に応じてネットワークを分離したりするなど、利用制限を設けた運用によってセキュリティを担保しているのが現状です。

一方、クラウドを利用したSaaS(Software as a Service)アプリケーションの導入およびモバイルの利用も急速に進んでおり、ユーザー、IT管理者ともに複数のIDとパスワードおよびモバイル端末の管理、運用もセキュリティ対策上の新たな課題となっています。

ID-based Security イニシアティブは、上で述べたクラウドサービスの普及に伴うセキュリティとIDの課題を解決し、企業システムへのアクセスを、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでも、安全かつ適正に実現することを目的として発足しました。具体的には、既存の「ネットワークにおけるセキュリティ対策」に加え、ユーザーやデバイスなどに個々に割り振られたIDを活用する「IDベースのセキュリティ対策」の普及促進にむけて、セミナーの開催や共同検証の実施、技術資料の提供、導入事例の提供、関連機関への働き掛けといった幅広い活動を展開します。

「IDベースのセキュリティ対策」を実現する具体的なソシューションとしては、多くの企業で採用され、企業内システムに関するID管理のスタンダードとなっている「Active Directory」と、3,000以上のSaaSアプリーションとSSO(Single Sigh On)を実現しているクラウドベースの「Azure Active Directory」、そして、これらを基盤として協調動作するセキュリティソリューション「Microsoft Enterprise Mobility + Security(EMS)」を中心とし、協賛企業の持つ製品やサービスと組み合わせながら、共同検証等を通じて新たなセキュリティ対策ソリューションを生み出し、普及活動を展開します。

本イニシアティブの主幹事企業として、日本におけるセキュリティ対策のリーディングカンパニーであるラックが参加します。また幹事企業として、セキュリティ事業者やクラウド事業者の立場から「株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ」、「F5ネットワークスジャパン合同会社」、「サイバートラスト株式会社」、「Sansan株式会社」、「富士通株式会社」、「株式会社マネーフォワード株式会社」が参加します。一方、日本マイクロソフトは、本イニシアティブが生み出す新しいセキュリティ対策ソリューションの実現に向け、本取り組みの運営支援を行います。

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」「マーケティング・オートメーション支援」「ビッグデータ・アナリティクス」を始め、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。2015年、2016年には日本市場におけるセキュリティサービスの実績、事業戦略が高く評価され、総合力を有する企業として米フロスト&サリバンから年間最優秀賞を受賞しています。

* ラック、LAC、JSOCは、株式会社ラックの国内及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

日本マイクロソフト株式会社について

日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top