株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

自分で調べる

ラックと日本マイクロソフト、「デジタルトランスフォーメーション」の実現を支援するセキュリティソリューションで協業 ~より安全な働き方改革を実現する「IDベースドセキュリティソリューション」を提供~

2016年11月02日 | プレス

株式会社ラック
日本マイクロソフト株式会社

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨 輝彦、以下ラック)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は、組織のデジタルトランスフォーメーションの実現に向け、必須となるセキュリティリスクに対応する「IDベースドセキュリティソリューション」の提供で協業を開始します。

多くの企業や組織において、IoTの普及によるデバイスの多様化や、オフィス以外の場所での勤務機会の増加など、最新テクノロジを活用して事業構造を変革する「デジタルトランスフォーメーション」の実現が進んでいますが、その実現に当たってはセキュリティ対策が課題となっています。特に、クラウドの利用拡大にともない、セキュリティはネットワークベースの対策から、ユーザーやデバイスのIDベースで行う必要性が高まっています。

本協業において両社は、ラックの強みであるセキュリティコンサルティングおよび監視サービス(JSOC)と、マイクロソフトの強みであるID管理のスタンダードであるActive DirectoryおよびクラウドベースのAzure Active Directoryを組み合わせ、標的型攻撃などに対応したより安全な働き方改革を実現するIDベースのセキュリティソリューションを提供することで、「デジタルトランスフォーメーション」の実現を支援します。両社は、今後一年間で50社が本ソリューションを導入することを目標に共同で活動を実施します。

日本マイクロソフトは、パートナー企業のクラウドビジネス立ち上げを支援する部門「プラクティス ディベロップメント ユニット(Practice Development Unit:PDU)」によるビジネス開発や技術支援を行います。ラックは、日本マイクロソフトが提供するパートナープログラムであるクラウド ソリューション プロバイダー(Cloud Solution Provider:CSP)プログラムに参加し、「Microsoft Enterprise Mobility + Security(EMS)」に加え、Office365などのクラウドサービスも合わせて展開することで、包括的なセキュリティソリューションを提供します。

ラックは、これまで培ってきたセキュリティ対策事業の知見を生かし、日本マイクロソフトが提供するEMSを中核としたコンサルティングサービスや、JSOCによる監視・運用を代行するマネージドサービスを開発し、導入作業も含めたワンストップでサービスを提供していきます。
また、ラックは自社システムにEMSを採用することで、セキュリティサービスとしてのEMSの有効性と利便性を評価し、社内実践で得たノウハウを今後のソリューション開発に生かしていく予定です。

さらに両社は、Office 365などのクラウドサービスを利用中あるいは導入を検討したり、セキュリティの強化を検討中のお客様に対して、セミナー開催などセキュリティに関する理解促進活動を共同で実施します。

ラックと日本マイクロソフトは、IDベースのセキュリティソリューションを連携して展開していくことでお客様のICT環境のセキュリティ強化ならびにデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献します。

  • クラウド ソリューション プロバイダー(CSP) プログラム:マイクロソフトが全世界で展開するクラウドパートナー企業向けのプログラムで、認定企業は、自社の持つサービスやアプリケーションとマイクロソフトのクラウドサービスを組み合わせ、統合ソリューションとしてお客様に提供することが可能となり、お客様は、クラウドサービスの維持、契約更新、サポートを、認定企業から一貫したサービスとして受けることができるようになります。

https://partnercenter.microsoft.com/ja-jp/partner/programs

株式会社ラックについて

https://www.lac.co.jp

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、多くの実績を誇る「金融系の基盤システム開発」「マーケティング・オートメーション支援」「ビッグデータ・アナリティクス」を始め、社会の基盤システムの開発を行っています。1995年にはいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。2016年には、米フロスト&サリバンより、「セキュリティ監視」「脆弱性診断」「セキュリティ事故対応」「セキュリティコンサルティング」などが高く評価され、昨年に続き2年連続で「2016 ジャパン マネージドセキュリティサービス プロバイダーオブザイヤー」を受賞しています。

日本マイクロソフト株式会社について

https://www.microsoft.com/ja-jp/

日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社ラック
E-mail: sales@lac.co.jp
お問い合わせフォーム

【報道関係者からの問い合わせ先】
株式会社ラック 広報担当
Tel: 03-6757-0107(広報部門)
E-mail: pr@lac.co.jp

日本マイクロソフト株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 石井
電話:03-4535-8055(部門代表)
電子メール:mskkpr@microsoft.com

* LAC、ラック、JSOC(ジェイソック)は、株式会社ラックの登録商標です。
* その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
配信しています
詳しくはこちら

page top