閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2016年02月04日 | 注意喚起

HOME SPOT CUBE における複数の脆弱性

LAC Advisory No.121

Problem first discovered on: Thu, 14 May 2015
Published on: Thu, 04 Feb 2016

脅威度

概要

KDDI株式会社が提供する HOME SPOT CUBEには、複数の脆弱性が存在します。

詳細

KDDI株式会社が提供する HOME SPOT CUBE は、無線LANルータです。HOME SPOT CUBE の設定画面には、次の複数の脆弱性が存在します。

  • クロスサイトスクリプティング - CVE-2016-1136
  • オープンリダイレクト - CVE-2016-1137
  • HTTP ヘッダインジェクション - CVE-2016-1138
  • クロスサイトリクエストフォージェリ - CVE-2016-1139
  • クリックジャッキング - CVE-2016-1140
  • OS コマンドインジェクション - CVE-2016-1141

想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。

  • ユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される - CVE-2016-1136
  • 第三者が指定した外部のウェブサイトに転送される - CVE-2016-1137
  • HTTP レスポンス分割攻撃によって、Cookie に任意の値が設定される - CVE-2016-1138
  • 設定変更など、ユーザの意図しない操作を実行される - CVE-2016-1139, CVE-2016-1140
  • アプリケーションの権限で任意の OS コマンドを実行される - CVE-2016-1141

スクリーンショット

影響を受けるシステム

・HOME SPOT CUBE
開発者によると、HOME SPOT CUBE2 は、本脆弱性の影響を受けないとのことです。

対策

次のワークアラウンドをすべて実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。

  • 設定画面のログインパスワードを変更する
  • 設定画面にログインしている間、他のウェブサイトにアクセスしない
  • 設定画面での操作終了後は、ウェブブラウザを終了する
  • ウェブブラウザに保存されたパスワードを削除する

詳しくは、開発者が提供する情報をご確認ください。

なお、開発者は恒久的な対策として、HOME SPOT CUBE2 などの代替製品の使用を検討するよう提案しています。

[ベンダ情報]

KDDI株式会社

発見者

吉川 允樹(先端技術開発センター)

謝辞:
本問題は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき、ラックから IPA に報告し、JPCERT/CC により開発者との調整が行われました。

JVN#54686544: HOME SPOT CUBE における複数の脆弱性

CVE番号:

CVE-2016-1136

CVE-2016-1137

CVE-2016-1138

CVE-2016-1139

CVE-2016-1140

CVE-2016-1141

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top