株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

LAC WATCH
2015年09月08日 | 注意喚起

Apache Strutsにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性

LAC Advisory No.120

Problem first discovered on: Thu, 12 Mar 2015
Published on: Tue, 08 Sep 2015

脅威度

概要

Apache Strutsには、開発モード(devMode)が有効になっている場合、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。

詳細

Apache Software Foundationが提供する Apache Strutsは、Javaのウェブアプリケーションを作成するためのソフトウェアフレームワークです。
Apache Strutsには、開発モード(devMode)が有効になっている場合、特定条件下の「Problem Report」画面において反射型クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。

これにより、ユーザのウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性があります。

スクリーンショット

スクリプト実行画面

影響を受けるバージョン

Apache Struts 2.3.20より前のバージョン

対策

開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください。

アップデートを適用できない場合は、以下のワークアラウンドを実施することで本問題の影響を回避可能です。
・開発モード(devMode)を無効にする

[ベンダ情報]

https://struts.apache.org/docs/s2-025.html

発見者

吉川 允樹(システムアセスメント部)


謝辞:
本問題は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき、ラックから IPA に報告し、JPCERT/CC により開発者との調整が行われました。

http://jvn.jp/jp/JVN95989300/index.html

http://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2015/JVNDB-2015-000125.html

CVE番号:
CVE-2015-5169

https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2015-5169

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top