社員インタビュー interview

プロジェクトマネージャー 画像

プロジェクトマネージャー2007年入社
「プロジェクトマネージャーを目指したい」との思いで、
SEとして勤めていたIT企業から中途入社しました。
現在はプロジェクトマネージャーとしてシステム開発に携わりながら、
配下メンバーを育成することにも強いやりがいを感じています。

チーム運営からお客様との折衝まで

プロジェクトマネージャー 画像

システムエンジニアとして以前勤めていたIT企業は二次請け、三次請けの仕事が多く、「もっとお客様寄りの仕事がしたい」、「自分でチームを形成・育成したい」という思いに駆られるようになりました。
LACに転職してからはメガバンクのシステム統合や基盤プロジェクトのPMOに携わり、信用調査会社の業務基幹システムの保守では、SEからプロジェクトマネージャー(PM)に抜擢されてチームを束ねるように。現在は信用調査会社の業務基幹システムを全面リプレースするプロジェクトチームを取りまとめています。
PMにとってまず重要な任務は組織チームづくりで、自社やビジネスパートナー企業から必要な人員を手配してチームをつくるところから始まります。プロジェクトがスタートすると、進捗状態や品質の管理をしながらお客様とさまざまな折衝をすることになり、広い視点を持ってチームを運営することが求められます。

配下メンバーの成長を感じることも自分の喜び

納期を目前に控えている現在のシステム全面リプレースでは、Web開発をJAVAプログラム自動生成ツール、バッチ処理ではETLツール(Extract Transform Loadツール:複数のシステムから必要なデータを抽出し、適切な形式に変換・保存するための支援ツール)を導入し、生産性・保守性を高め、ランニングコストの削減を実現しようとしています。
現在のお客様とは8年ものお付き合いになりますが、この大きなシステムのリプレースを無事に完了させた暁には、別のお客様のシステム開発に携わりたいと思っています。そして、お客様からも社内からも、「あの人に任せれば安心」と厚い信頼を置かれるPMを目指しています。
プロジェクトチームは案件ごとに組織されますが、自社の社員だけではなく、ビジネスパートナー企業のスタッフからも、「とても働きやすい現場」とか「今後もまた一緒に仕事がしたい」と言われるときは、特に嬉しく感じます。
配下のメンバーの成長を感じることも、私にとって大きな喜びです。後輩の育成に際しては、厳しくすべき場面では厳しく接しますが、個々のパーソナリティに応じた指導が大切なので、褒めて伸びる人にはそうするべきだと思います。どんなことでも気軽に相談できるPMになれるよう、チームメンバーとのコミュニケーションにも常に配慮しているつもりです。

プロジェクトマネージャー 画像

社員の自己研鑽を力強くサポートしてくれる会社

プロジェクトマネージャー 画像

LACの魅力は、やる気のある社員にしっかりチャンスを与えてくれること。私が5年前にPMに抜擢されたのも、意欲を買われてのことでした。
教育支援制度も充実していて、資格取得もサポートしてもらえます。私も入社後、基本情報技術者、応用情報技術者、ITILファンデーション、PMP (プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)などの資格を取得。業務をこなしながら勉強するのは大変ですが、資格を取得すれば奨励金が支給されるので仕事に対するモチベーションも高まります。
PM育成には特に力を入れており、入門から上級までレベル別に年間カリキュラムが用意されているため、無理なくPMスキルを学ぶことができます。また、上長から社内外問わずさまざまな研修への参加を推薦されることもあり、そのときどきの自分に必要な知識やスキルをタイムリーに吸収することができます。

私のオフタイム

月に2回ほど、かつて同じプロジェクトで仕事をした同僚やその友人を集めて、フットサルを楽しんでいます。勝ち負けにこだわることはなく、体を動かしてストレスを解消するのが目的です。
また、最近は料理を作ることでも息抜きしています。

私のオフタイム 画像