• ラックホーム > 
  • ニュースリリース > 
  • 2014年 > 
  • ラック、東京動物園協会と共に、施設来場者の満足度向上に向けた実証実験を開始~スマートフォン普及に合わせ、ビーコンを活用したサービスの有効性を葛西臨海水族園で検証~

お知らせ

ラック、東京動物園協会と共に、施設来場者の満足度向上に向けた実証実験を開始
~スマートフォン普及に合わせ、ビーコンを活用したサービスの有効性を葛西臨海水族園で検証~

  • ツイート
 

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨 輝彦、以下ラック)は、公益財団法人東京動物園協会と協力して、施設来場者の満足度の向上を目指す取り組みとして、利用者が急速に増加しているスマートフォンと情報提供システム“ビーコン”(BLE:Bluetooth Low Energy)を用いた情報提供サービスを、2014年12月1日~12月28日までの期間、葛西臨海水族園で実施いたします。

日本国内でのスマートフォン普及率が50%*1を超え、さらなる利用者の拡大が見込まれる状況となり、いよいよIT関連機器だけでなく様々な“モノ”がインターネットにつながる技術“モノのインターネット”(IoT:Internet of the Thing)が現実のものになろうとしています。当社は、情報通信技術(ICT)を活用することで豊かな社会を実現するための取り組みを続けていますが、IoTを消費者の利便性が求められる現場で、より具体的なサービスへの展開を模索しています。
このたび、公益財団法人東京動物園協会とラックは、葛西臨海水族園において来園者様に対して、より楽しく知識を学べ、満足感を得られるサービスを実現するために、ラックの持つシステム構築と開発力に加え、無意識な情報配信などセキュリティ面の課題に対する研究を通じ、安心で便利な利用者向けサービスを実現する実験を開始いたします。

ラックは、ビーコンを活用した自社技術を用い、葛西臨海水族園の施設内10箇所に設置したビーコン端末と専用アプリケーションを提供し、葛西臨海水族園は展示されている生き物に関する解説を配信します。来場者は、スマートフォンにダウンロードした専用アプリケーション「魚ッチング ナビ(ウォッチング ナビ)」で、解説を聞くことで、生き物の理解はもちろん興味や関心を高めることが期待されます。「魚ッチング ナビ」は、実験初期はAndroid 4.3以降、Bluetooth 4.0以降を搭載した機種のみとなりますが、今後iPhone向けにも提供を予定しています。
また、「魚ッチング ナビ」からアンケートにお答えいただいた方に、案内カウンターでオリジナルグッズをプレゼントいたします。

葛西臨海水族園は、年間来場者数約150万人の人気教育施設です。この検証では、多くの方々にICTが実現する利便性をご理解いただくと同時に、当社はそのシステム的な性能限界や、安心安全な利用に対する研究を行うことで、今後より多くの消費者にIoTの可能性を感じていただく取り組みにつなげたいと考えています。

東京動物園協会のニュースリリース

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=kasai&link_num= 22624

以上

*1 総務省「平成26年版 情報通信白書」概要

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/summary/summary01.pdf

公益財団法人 東京動物園協会について

 東京動物園協会は、戦後まもない昭和23年に「動物に親しみ、動物愛護の心を養うことはヒューマニティーへの最短距離の一つと信じ」「民衆的な動物園事業の健全な発展を熱望」(設立趣意書より)して設立されて以来、動物園事業の発展振興と動物愛護思想の普及を目的として、各種事業を意欲的に推進してきました。昭和61年には東京都の監理団体となって都立動物園の管理業務の一部を受託し、さらに平成18年4月からは、都立動物園・水族園4園において、「指定管理者」として飼育業務を含む事業運営を全面的に担っています。本協会の実施する事業の高い公益性が認められ、平成22年4月には「公益財団法人」として新たな一歩を踏み出しました。

公益財団法人 東京動物園協会

  • ツイート
 

株式会社ラックについて

ラックは、1986年にシステム開発事業で創業、1995年にいち早くセキュリティ事業を開始。2012年4月にグループの合併により、株式会社ラックとして新たにスタート。サイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、豊富な実績を誇る「脆弱性 診断サービス」、日本最大級の「セキュリティ監視センターJSOC」による24時間365日のセキュリティ監視・分析サービス、情報漏えい事故などの緊急対応・支援をする「サイバー119」の提供をはじめ、金融機関向け基盤システム開発で培った「システム開発」など、官公庁・企業・団体等のお客様にITトータルソリューションサービスを提供しています。

 

■お客様からのお問い合わせ先

株式会社ラック 営業担当
Tel: 03-6757-0113 E-mail: sales@lac.co.jp

以下のページからもお問い合わせいただけます。

お問い合わせフォームへ

■報道機関からのお問い合わせ先

株式会社ラック 広報担当
Tel: 03-6757-0130 E-mail: pr@lac.co.jp

*LAC、ラック、JSOC(ジェイソック)、サイバー救急センターは、株式会社ラックの登録商標です。

戻る

LACメールマガジンのイメージ写真

ラックメールマガジン

情報セキュリティに関する情報をE-Mailにて、タイムリーに月2~3回の頻度でお届けします。

セキュリティ情報のイメージ写真

セキュリティ情報

ラックの中の人がセキュリティにまつわるさまざまな情報をつぶやきます。

緊急対応窓口:サイバー救急センター(R) 0120-362-119

サービスに関するお問い合わせ
受付時間:9:00~17:30

03-6757-0113