株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

システム製品

Hitachiシステム製品

このサービスについて問い合わせる

ラックでは日立社の以下の製品を取り扱っております。

  • 日立エンタープライズサーバー EP8000
  • 日立 IAサーバー HA8000
  • 日立ストレージ Hitachi Unified Storage (HUS)
  • 日立ストレージ Hitachi Virtual PlatForm (VFP)

日立エンタープライズサーバー EP8000

高性能POWER®プロセッサを搭載した、基幹業務に向けた高信頼サーバー。最小4wayのエントリーモデルから、最大256wayのハイエンドモデルまでをラインアップしています。
高信頼化機能を実装したUNIXオペレーティングシステム「AIX®」に対応しています。

製品の詳細については、日立ホームページをご覧ください。

http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/EP8000/

取り扱いにおける弊社の優位性

ラックが得意とするIBM System p(AIX)サーバーの導入構築スキルと経験が活用できるため、自信を持ってご提案から構築までのサービスをご提供できます。

サービス内容

EP8000サーバーとAIXおよび主要なIBMミドルウェア(WebSphere, DB2 など)やJP1などとの組合せによる導入構築サービスをご提供いたします。

価格

お客様の構成によりご相談させていただきます。

日立 IAサーバー HA8000

IAサーバーでありながら、ミッションクリティカル領域のノウハウをベースに成長率の高いオープン環境へ展開したIAサーバーです。日立のメインフレーム技術をオープン環境へ技術の投入を行い、品質強化により信頼性の高いシステム設計となっております。
仮想化の対応、環境の取り組みにも対応しており、お客様のニーズに対応できる製品となっています。
また、国内でのパーツの生産により、保守に対する技術もレベルの高いサポートをご提供できます。

製品の詳細については、日立ホームページをご覧ください。

http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/ha/index.html

取り扱いにおける弊社の優位性

日立製IAサーバーに、仮想化技術や移行ソリューションとの組み合わせや、IBM系ソフトウェアなど業務や環境にあわせて、要望されるソリューションのご提供が可能です。お客様にとって最適なサーバー環境をご提供できます。

サービス内容

日立IAサーバーに、弊社が提供可能なストレージ、JP1やIBMミドルウェアの組み合わせでの弊社導入サービスが可能です。仮想化技術やマイグレーションサービスも合わせて提供できます。

価格

お客様の構成によりご相談させていただきます。

日立ストレージ Hitachi Unified Storage (HUS)

ブロックデータ(データベース等の構造化データ)/ファイルデータ(NASやファイルサーバ)双方のアクセスプロトコルに対応し、データ種類の異なるアプリケーションからのアクセスを1システムに集約することができます。これにより、様々な業務システムで発生するデータの横断的な処理が容易になり、迅速かつ有効なビッグデータの利活用を可能とするほか、設備の初期投資や運用管理コストを削減できます。

製品の詳細については、日立ホームページをご覧ください。

http://www.hitachi.co.jp/products/it/storage-solutions/products/hus/index.html

取り扱いにおける弊社の優位性

日立製ストレージとその他弊社が提供する各メーカのサーバーとの組み合わせでお客様が要望されるソリューションのご提供が可能です。お客様にとって最適なストレージ環境をご提供できます。

サービス内容

日立サーバー、日立ストレージ、JP1やIBMミドルウェアの組み合わせでの弊社導入サービスが可能です。

価格

お客様の構成によりご相談させていただきます。

日立ストレージ Hitachi Virtual PlatForm (VFP)

メールや画像、映像などのコンテンツデータを集約し、データの一元管理とストレージ容量の柔軟な利用を可能とするコンテンツクラウドやストレージシステムの統合を可能とする仮想ファイルストレージです。ファイルシステム容量を、業界最大の1P(ペタ)バイトまで拡張でき、大量のデータを同一ファイルシステムで扱うことができます。これにより、散在する複数のファイルシステムを集約でき、システム設計や構成変更に伴う運用管理の負担を軽減します。

製品の詳細については、日立ホームページをご覧ください。

http://www.hitachi.co.jp/products/it/storage-solutions/products/vfp/index.html

取り扱いにおける弊社の優位性

日立製ストレージとその他弊社が提供する各メーカのサーバーとの組み合わせでお客様が要望されるソリューションのご提供が可能です。お客様にとって最適なストレージ環境をご提供できます

サービス内容

日立サーバー、日立ストレージ、JP1やIBMミドルウェアの組み合わせでの弊社導入サービスが可能です。

価格

お客様の構成によりご相談させていただきます。

Hitachiシステム製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
03-6757-0113
受付時間9:00~17:30

  • cyber_banner_2017jpn.jpg

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top