株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

喜多方地方広域市町村圏組合様

「住民情報の安全は、地元企業との連携で守りたい」を合言葉に、ラックのJSOC®を含む最先端のセキュリティ監視サービスを低価格に活用できる、「Secure Net®」を導入され、マイナンバー制度への準備を進めています。

喜多方地方広域市町村圏組合(以下 組合)は、事業及び施設整備の共同処理や、教育、文化、スポーツなどの施設整備や地域産業振興などを推進することにより、多極分散型の国土形成を促進するための施策として、喜多方市、北塩原村及び西会津町により組織された。約6万人の圏域人口に対して、共同事務処理を提供する同組合は、事務の効率化と圏域住民へのサービス向上を目的として、平成14年9月に喜多方地方広域的地域情報通信ネットワークの整備事業の運用を開始した。

セキュリティ対策への関心が高まる

喜多方地方広域的地域情報通信ネットワークの運用が始まってから、組合がインターネット回線事業者との契約を行い、情報系システムへのサービスを提供してきた。しかし基幹系システムと分断した利用環境は効率が悪く、同一のパソコン一台で処理できないかを検討し始めた。
当時喜多方市では、2013年に近隣の地方公共団体で発生したホームページの改ざん被害の報道や、大量なスパムメールの受信による職員の業務効率悪化など、情報システムのセキュリティ対策の課題が認識され、にわかに意識が高まった。そして、近い将来制定されるマイナンバー制度により、地方自治体のセキュリティ対策強化が急務になることから、安全対策と利便性の確保を両立させる対策を模索していた。

大森氏は、当時の状況を振り返り、「組合組織というのは、参加している3市町村の意向を調整し、最も必要な施策を取り入れてゆく必要がありますが、それぞれの市町村で必要とする要件は異なります。利便性を高めてセキュリティをおろそかにすることはできず、セキュリティを求めて使いにくいシステムを提供することはできません。」と、共同事務処理を提供する立場の難しさを語った。
そこで喜多方市は、地元にデータセンターを構え、平成14年より組合のサーバーとシステムメンテナンスを任せていたラックに相談し、基幹系システムと同様のセキュリティを情報系システムに展開し、安心安全なIT環境を実現する解決策を模索し始めた。

喜多方地方広域市町村圏組合 企画係長兼財政係長 山野辺 学氏と喜多方地方広域市町村圏組合 主査 大森 敦貴氏

行政ネットワークを担う地方公共団体の責任

山野辺氏は、「組合が共同事務処理を提供する3市町村には、それぞれ情報システムを担当する職員がいるが、組織の大きさにより担当者数は異なり、人数が少ない組織では専門職ではない職員が苦労しながら運営しています。」と語った。今後、マイナンバー制度が導入されるとともに、個人情報保護法の改正も考えられ、ますます地方公共団体における情報保護の必要性は高まる。このような状況のなか、担当者も限られた人数で、ITの専門職がおらず、セキュリティ対策予算が十分に確保できない地方公共団体が多く存在すると考えられる。
山野辺氏は「すでに整備が終わっている総合行政ネットワーク(LGWAN)で、中央と地方とはつながっている。新たにマイナンバー制度も始まる。日本中にある地方公共団体のセキュリティレベルを高めることが、日本の行政システムの安心安全を支えるのだと思っています」と語るように、全ての地方公共団体が意識しなければならない重要事項だ。

総合行政ネットワークの様子

コストと手間と効果は、全て満たせる

実際に利便性と安全性を両立するシステムを考えるにあたり、地方公共団体が抱える課題として見えていたのは、限られた予算、新しいシステムを運用する手間の増大に対応する人員不足、そして実質的な効果が得られるか、であった。
検討を重ねた結果、これまでのウイルス対策やファイアウォール、Webフィルタといった個別のセキュリティ技術を別々に導入するのではなく、これまで基幹系システムで接続していたラックのデータセンターを経由して外部アクセスのすべてを行うことで、データセンターのセキュリティレベルを組合のネットワーク全体に適用する方式「Secure Net」を導入した。

「Secure Net」の利点は、以下のようなものが挙げられる。

  • 機器の導入、設定、運用をアウトソーシングし、人員不足をカバー
  • 情報取集からインシデント対応まで専門家がいなくても対応可能
  • 毎月のレポートで、詳細な運用状況が把握できる

Secure Net(R) サービスを導入した際のシステム環境

最後に解決しなければならないのが、コスト問題だ。しかし「Secure Net」を調べたところ、同様の対策を行った場合よりも格段にコストが抑えられることがわかった。ラックiDCが価格を抑えてサービス提供できる理由は、他の契約組織とセキュリティシステムを共有使用することにある。組合が独自にセキュリティ機器を導入する初期投資を抑えられ、さらにセキュリティ運用や監視も任せてしまえる。

組合が独自にセキュリティ機器を導入する初期投資を抑えられ、さらにセキュリティ運用や監視も任せてしまえる

餅は餅屋、プロに任せる安心

「Secure Net」を導入した効果を、大森氏はこう語る。
「毎月のレポートをみて、これまで見えなかった攻撃の実情が見えてきました。サーバーへの侵入行為やDoS攻撃が行われ、その対応もされていたことが事後報告で知ることができました。懸案だったスパムメールの劇的な減少や悪質なWebへのアクセス制限も効果を発揮していることが確認され、我々の負担は最小限に抑えたうえで、これまで見えなかったセキュリティの状況が可視化されました。」
山野辺氏は、「多少のコスト増はあっても、何よりセキュリティ専業企業が24時間守ってくれているのは心強いです。やはりプロに任せるのが専門職を確保できない地方公共団体のあるべき姿なのと、何より地元で顔を知っている会社に守ってもらう安心感があります。」と評価。
同組合は、ラックの支援で最高レベルのセキュリティ監視体制を手に入れ、職員へのセキュリティ教育も含めセキュリティ対策の底上げを計っている。来るべきマイナンバー制度による住民サービスに備え、日本の行政システムのセキュリティ確保は地方から、という思いが具体化し始めた。

導入事例のダウンロードはこちらから

PDF版ダウンロード

お客様プロフィール

喜多方地方広域市町村圏組合様

喜多方地方広域市町村圏組合様ロゴ

「広域圏民としての誇り・生きがい・個性と安心できる生活をみんなで実現する 広域圏づくり」をスローガンとする喜多方地方広域市町村圏組合は、昭和46年4月に発足し、各種広域事業を推進する地方公共団体です。

http://www.kouiki.kitakata.fukushima.jp/

喜多方地方広域市3市町村

導入サービスのご案内

詳細は、サービスページをご覧ください。

Secure Netサービス

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top