社員の一日 One Day

ITスペシャリストの一日 2012年入社

OFF TIME

8:00

ニュースと最新の技術情報をキャッチ

出勤途中にカフェでコーヒーを飲みながら、主なニュースに目を通す。
世界の技術者がツイッターで発信する情報を仕入れることも朝の大切な日課。

常にアンテナを拡げて、
最先端の動きに敏感にならなくちゃ!

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
↓

WORKING TIME

8:45

昨日の仕事の内容を振り返り、
今日のスケジュールを確認するところから1日がスタート

入社以来、大手クレジットカード会社のITインフラの運用・保守を担当。
約30人のチームのサブリーダーとして、現場を取りまとめる立場にもある。

その日の成果を左右するのは
綿密なスケジューリング。

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
↓

WORKING TIME

10:30

お客様とアプリ開発メンバーも交えてミーティング

保守期限が切れるハードウェアのリプレース計画を検討。
並行して進めている新規開発案件提案のための意見交換も行う。

メンバーの多様な発想には、
技術者として触発されるところ大。

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
↓

OFF TIME

12:30

チームメンバーと一緒に
楽しいランチタイム

一番のお気に入りは、お客様のオフィスに近いバイキング式のカレーショップ。週に3回のペースで通っている。
モンゴル出身の僕は、日本の高校に留学して初めてカレーの味を知った。みんなで一緒に食べるおいしさはひとしおだ。

昼はガッツリ食べてスタミナ注入。

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
↓

WORKING TIME

13:00

緊急事態発生。
システムに不具合が見つかったとの知らせを受け、予定を変更して対応

クレジットカード会社のシステムが、「障害発生」をメールで自動通報してきた。
メンバーを招集して調べると、サーバの物理ファン(冷却装置)故障だとわかって胸をなでおろす。部品を交換して一件落着!

どんな事態にも冷静に対処しなければ。

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
↓

WORKING TIME

16:30

新規の機能開発をお客様に提案する

市況やユーザー層の変化に対応するため、システムに追加すべき新機能について、チームリーダーやプロジェクトマネージャーとともにお客様にプレゼンテーションを実施。
そのシステムを誰よりも深く知る自分たちだからこそできる提案は少なくない。

日ごろの情報収集がものをいう!

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
↓

WORKING TIME

18:00

部門内の有志による自主勉強会を開催

さまざまな専門分野を持つ10人ほどのメンバーが定期的に集まり、情報交換やディスカッションをしている。
僕が個人的に研究しているのは、クラウド技術や人工知能。メンバーのさまざまな知見を組み合わせて、新しいビジネスに役立つアイデアを得ることが目的だ。

新しいことを知るのはやっぱり楽しい。

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
↓

OFF TIME

21:00

ランニングで心身をリフレッシュ

週に何度か、自宅近くの川沿いを5kmほど走る。
2016年には東京マラソンを約5時間で完走した。年に1回は大きな大会に出場したいと思っている。

いい汗を流して、明日も頑張るぞ!

ITスペシャリスト
ITスペシャリストの一日
ITスペシャリスト

就活中の自分
に伝えたいこと

大学の講義の中で、「日本の代表的なセキュリティ企業」としてLACが取り上げられた。なんとなく興味を持って調べると、セキュリティソリューション事業だけでなくシステムインテグレーション事業も手がける会社だと知り、自分が就職したいのはまさにそういう企業だと思うようになった。
当時の就職環境はそんなに良い状況ではなかったけど、日本に留学して懸命に勉強したことや、「この会社で働きたい」という意欲が高く評価されるので、自信を持って就職活動に臨むといい。「大学で学んだことが社会で通用するのか」なんて不安を抱く必要も無用だ。実務に就けば、どんな知識や経験も無駄にはならないことが実感できるはずだから。

1年後の自分
にメッセージ

君の当面の目標は、チームリーダーとして指揮を執る立場になることだ。そのためにプロジェクトリーダーの仕事ぶりを間近で学びながら、サブリーダーとしてさらに信頼を集める存在になれるように努力していることと思う。
リーダーになるために必要なのは、技術スキルとコミュニケーションスキルの両面を磨くこと。日々の経験を積み重ねながら、着実に成長を続けなければならない。
さらに大きな目標は、クラウドや人工知能に関する知識を活かして、新しいビジネスに結びつくイノベーションを起こすことだ。そのための勉強と情報収集も手を抜かずに頑張れ!

ONE DAY01 営業