社員インタビュー interview

プロジェクトマネージャー 画像

プロジェクトマネージャー2015年入社
システム開発、運用からお客様への提案活動まで、
プロジェクトマネージャーとしての役割は多彩。
エンジニアとしてのスキルも人間力も高めつつ、
福岡オフィスの事業規模拡大に尽力しています。

福岡オフィスで多様な業務を担当

プロジェクトマネージャー 画像

現在は福岡オフィスに勤務しています。セキュリティサービス、ITインフラ整備、システム開発など、福岡では一人の社員がさまざまな分野を担当することになります。
お客様のニーズは多彩で、インフラ開発にセキュリティサービスを結び付けるといった案件もあり、LACの展開する多様なサービスに複合的に携われるところにやりがいを感じます。また、福岡オフィスでは岡山以西の中国、四国、九州、沖縄と広範囲をカバーしていることから出張をする機会も多く、忙しくも充実した毎日を送っています。
私はプロジェクトマネージャー(PM)として、金融系のクライアントをメインに、流通系や自治体などのお客様も担当。最近は開発現場で指揮を執るよりも、プロジェクトチームの要員調整や、お客様への提案活動、新規サービスの立ち上げなどを行うことが多くなりました。

チームの力を結集してゴールに向かう

私をPMとして私を大きく成長させてくれたのは、東京本社勤務時代に携わった決済系システムのリプレース案件です。
ランニングコストを抑えるためにオープン系システムに切り替えたのですが、そのシステムを構成する多くの製品を連携させる際に発生するさまざまな障害に直面しました。また、24時間365日、一瞬たりともストップさせることのできない決済系システムというハードルが非常に高い案件でしたが、それまでの自分の経験とメンバーの力を結集して、解決法を一つひとつ見出していきました。10名ほどのプロジェクトでしたが、10人いれば10の知恵があるわけですから、人材をフル活用すれば壁にぶつかっても必ず打開策は見つかるものです。ゴールに向かってチーム全体で進めることが、システム開発の醍醐味だと思います。
案件によっては複数のビジネスパートナー企業が参画することもあり、大きな組織全体をまとめ上げるのもPMの重要な役割です。そのためには単にITスキルが高いだけではだめで、コミュニケーション能力や調整能力など総合的な人間力が求められます。

プロジェクトマネージャー 画像

「先回りの課題解決」でお客様に貢献する

プロジェクトマネージャー 画像

福岡オフィスの事業規模を拡大することが今の目標である私が特に力を入れているのが提案活動です。お客様から出されたニーズにマッチするソリューションを提供するだけではなく、まだお客様が気づいていない課題を明らかにしてクリアするという、「先回りの提案」ができるように心がけています。また従来であれば、多様な製品を組み合わせて構築したシステムはお客様に納品後、お客様の方でその運用をしていただくのですが、それを難しいと感じるお客様のニーズに応えるべくその後の運用面までサポートするという新しいトータルソリューションの開拓にも注力しています。その意味では現在の私は技術者のスキルに加えて営業職の色彩も帯びているといえるかもしれません。
その一方で、IT系の技術は進展が速いので、常に最新情報に対してアンテナを張り巡らせ、社内外で開催されている勉強会やセミナーなどにも積極的に参加するようにしています。またLACが開発するシステムと連携させる製品の情報収集のため、メーカーとのコミュニケーションも密に取っています。こうした積み重ねはすべて、最終的にはお客様の満足につながるはずだと思っています。

私のオフタイム

10年ほど前からサーフィンをするようになり、福岡勤務になってからはほぼ毎週末を海で過ごしています。冬の季節は福岡もいい波が立つのですが、サーフィンの好きな後輩社員と二人で片道3時間半ほどかけて、全国的に知名度があり人気スポットである宮崎まで足を延ばすことも多いですね。
毎回強さや高さの違う波にいかにうまく乗るかを試行錯誤するのがサーフィンの楽しさ。この面白さは、そのときごとに要件の異なるシステム開発案件に対応することにも通じるような気がします。

私のオフタイム 画像