株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ

最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。

閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

標的型攻撃 対策指南書

1. 標的型攻撃の理解と対策の流れ

標的型攻撃 対策指南書をダウンロードして読む方は PDF版

サイバー攻撃において使用されるコンピュータウイルス(以下ウイルス)は、黎明期のインターネットで「Morris Worm」が半ば実験的に感染を広げた[1]のを皮切りとして、ネットワークを介して攻撃を行う犯罪に用いられることで急速に凶悪化しました。今では、ウイルスを攻撃者自身が遠隔操作し、企業内部を蝕ことが一般的になってきています。
こでは、日本において危険視されているだけでなく、実害の激増が確認されている「標的型攻撃」とは何かを整理します。

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top