LAC WATCH

セキュリティとITの最新情報

RSS

株式会社ラック

【オンライン】その対策は大丈夫?身を守るためのセキュリティトレンドセミナー~ランサムウェアに対抗する意識向上トレーニングとバックアップ術~

オンライン
開催日: 2022年6月24日(金)

感染被害に遭うと大切なデータが暗号化され、復元のための身代金を要求されるランサムウェア。他人事と思っていませんか?警察庁に報告された被害件数は2021年度146件で、被害を受けた組織は中小企業54%、大企業34%、団体12%でした。そのうち、被害復旧に要した期間が"2か月以上"となった企業が46%と、約半数の企業が復旧までに多くの時間を必要としています。

当ウェビナーでは、被害に遭わないために必要な社員意識向上トレーニング及び、万が一被害に遭った場合の迅速な復旧手段を解りやすく解説いたします。

プログラム

基調講演 14:00 - 14:10

ランサムウェア最新動向2022

株式会社ラック
セキュリティオペレーション統括部​ サイバー救急センター​ インシデントマネジメントグループ​
髙源 武彦

依然として猛威をふるうランサムウェアを使ったサイバー攻撃。ランサムウェアの種類は多様化し、攻撃手法は年々進化しています。本講演では、脅威分析の専門チームによる分析結果として、ランサムウェア最新動向をお伝えします。

セッション1 14:10 - 14:25

ランサムウェアを侵入させない!
従業員のセキュリティ意識を高めるために必要なトレーニングとは?

株式会社ラック
​ デジタルイノベーション統括部​ デジタルセキュリティサービス部​
森田 義礼

業務上利用するメールについてもランサムウェアの感染経路として用いられることがあります。
従業員が不用意に攻撃メールを開封しないためのトレーニング施策として、株式会社ラックが提供する、情報セキュリティ意識向上プラットフォーム「標的型攻撃メール訓練 T3 with セキュリティ教育」のサービス紹介と、活用方法について、ご紹介いたします。

セッション2 14:25 - 14:55

ランサムウェア被害を極小化する新しい形のバックアップソリューション

ヴィーム・ソフトウェア株式会社
システムズエンジニアリング本部 シニア・システムズ・エンジニア
望月 秀人

スキャリティ・ジャパン株式会社
技術本部 シニア・システムズエンジニア
河西 学

ランサムウェアの被害が拡大し続けていますが、身代金を支払ってもデータが戻ってこない事例も多発しています。そこで、データを守る最後の砦としてランサムウェアに対抗できるデータ保護が必要となります。このセッションではオブジェクトストレージの強み活かした最新のバックアップソリューションをご紹介します。

開催日時 開催日時 2022年6月24日(金) 14:00~14:55
形式 オンラインセミナー
参加費 無料(事前登録制)
定員 500名
申込期限 2022年6月23日(木)15:00まで
主催 株式会社ラック

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ