株式会社ラック

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した
ITトータルソリューションで、未来をきり拓く

セキュリティ事故発生時はこちら
閉じる

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。
緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。

電話で相談する

メールで相談する

サイバー救急センター®のメールアドレス

ご相談は予約不要、24時間対応

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください

Cyber Defense Live Tokyo 2017に出展

開催日 2017年07月19日(水)

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

Cyber Defense Live Tokyo 2017

ラックは、本年もファイア・アイ主催のセキュリティカンファレンス「Cyber Defense Live Tokyo」にプラチナスポンサーとして協賛いたします。ぜひ、最新のサイバーセキュリティの状況を把握および今後のセキュリティ対策の一助として、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

Cyber Defense Live Tokyo 2017のテーマ

昨今、特定業種の企業を狙う標的型攻撃だけでなく、ビットコインの窃取を企むランサムウェアなど、サイバー脅威はますます深刻なものになっています。こうした脅威から、企業・組織が身を守るには攻撃者を知る「脅威インテリジェンスの活用」と、侵害されても被害を出さないための「エンドポイントセキュリティ」の強化が重要といわれています。 今年で4回目を迎えるCyber Defense Live Tokyo 2017ではこの二点を主要テーマとし、いかにして進化を続ける高度サイバー攻撃に対峙し、揺るぎない安全を確保し続けていけるか、セキュリティ最前線で活躍されている専門家のキーノートを交え、幅広くご紹介させていただきます。

ラックの出展内容

【プラチナスポンサーセッション】

APTサイバー攻撃のインシデントレスポンスにおける"躓き(つまづき)の石" ~APT事案事例をもとに、サイバー救急センター長が解説

サイバーセキュリティ事業部 サイバー救急センター
センター長 内田 法道(うちだ のりみち)

ラックでは、サイバーセキュリティに関する緊急事態に際し、エキスパート集団である「サイバー救急センター」が迅速にお客様をご支援する緊急対応サービス「サイバー119」を提供しています。本セッションでは、累積1,900回の出動実績を誇る同センター長が、APTサイバー攻撃への対応、インシデントレスポンスのあるべき姿を、過去の対応事例や"躓いた"ポイントを紹介しながら解説します。

ブース展示内容

FireEye HXシリーズに対応したJSOCのエンドポイント向け「マルウェア対策製品監視・運用サービス」を紹介します。JSOCはラックが運営する国内最高峰のセキュリティ監視・運用センターです。17年以上の経験と実績を誇り、業界屈指のアナリスト総勢100名以上が、24時間365日の体制でお客様の大事な情報資産を守っています。

開催日時

2017年7月19日(水)10:30~17:35(受付開始10:00~)

会場 ウェスティンホテル東京(受付:地下2階)
〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1(恵比寿ガーデンプレイス内)
アクセスのご案内|ウェスティンホテル東京
定員

800名

参加費

無料(事前登録制)

主催

ファイア・アイ株式会社

お申し込み方法

このイベント/セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

お申込方法、詳細は下記Webサイトをご覧ください。

  • cyber_banner_2017jpn.jpg

サイバーセキュリティに関する
様々な情報をお届けします

メルマガでは、より厳選した情報を
月に2〜3回配信しています
詳しくはこちら

page top