緊急対応サービス「サイバー119」

サイバー119サービス 0120-362-119

ご相談は予約不要。24時間対応。今すぐ「サイバー救急センター」までご連絡ください。

緊急事態発生、今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。
セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し、情報セキュリティのエキスパート集団であるラックのサイバー救急センターが、これまでの多数の事件・事故への対応実績とノウハウを活かして、迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。

サイバー119サービスの概要

「サイバー119」は、セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し、情報セキュリティのエキスパート集団であるラックのサイバー救急センターが、これまでの多数の事件・事故への対応実績とノウハウを活かして、迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。何らかの原因で「クレジットカード情報などの重要個人情報や機密情報が漏えいしているかもしれない」という段階から、すでに情報漏えいが発覚し「至急対応が必要な段階」に至るまで「事業継続」と「顧客保護」を第一に、迅速にお客様の事業復旧を支援します。
相談するかどうしようか、あなたが悩んでいる間にも、状況はどんどん悪化することがあります。
今すぐ、サイバー救急センターにご相談ください。

下記のようなサイバー事件に遭われたら、今すぐコール 0120-362-119

誤操作
不注意
過失など
  • WinnyなどのP2Pソフトを自宅やオフィスで使用
  • パソコンやメディアの紛失
  • メールの誤送信など
外部からの犯行
サイト侵入・バックドア
  • SQLインジェクションによるデータベースへの侵入
  • 外部から出入りできる秘密の扉を設置
  • クレジットカード情報の漏えい
内部の犯行
踏み台・ボット・金銭目的ほか
  • ボットウイルスなどによるパソコンの乗っ取り
  • アカウント、個人情報、クレジットカード情報、機密情報の漏えい
関係者犯行
金銭目的
  • アカウント、個人情報、クレジットカード情報、営業機密、大企業・官公庁の機密情報の漏えい
  • 内部と元関係者の関与の可能性
関係者犯行
恨み・自爆犯行
  • 情報漏えいそのものが目的ではないWinnyによる漏えい偽装、ストーカー的犯行

サイバー119サービス 対応概要

1.初動対応 / インシデント レスポンス

出動

まずはお客様のもとに駆けつけ、状況把握から原因分析を実施し、被害拡大防止・証拠保全に関する初動アドバイスを行います。

メール・電話でヒアリングを実施

  • 被害拡大防止のための救急施策を実施
  • 漏えいの痕跡の証拠保護のアドバイス

専門家(インシデントマネジメントグループ)1~2名を派遣(24時間以内を目安)

  • 被害状況の確認
  • 証拠・痕跡の証拠保全

相互機密保持契約(NDA)の締結

  • 調査に必要な機密情報の受け渡し方法についての確認

ヒアリング内容をもとに調査項目及び概算の提示

  • 対応範囲の明確化
  • 概算費用の提示
現場確保 その後の調査・解析に必要な情報等の現場確保をアドバイスします。
調査・分析

原因調査、手法・漏えいルート調査、犯人調査などを1週間を目処に実施いたします。

調査員による詳細ヒアリング

ログ分析

  • 情報流出の痕跡の確認
  • 侵入経路の確認

フォレンジック調査

  • 不正アクセスによる侵入痕跡の事実確認
  • 不正ログイン、ファイル・コマンド操作履歴等の事実確認
  • 重要機密情報の漏えい痕跡調査、漏えい情報の特定
  • バックドア等のマルウェア感染有無の確認
  • USB外部記憶媒体接続履歴の確認

報告書の提出(速報は1週間をめどに提出)

オンサイト報告会の実施

コミュニケーション支援

被害者への謝罪、メディアや関係機関などへのコミュニケーションの支援を行います。

  • 丁寧な被害者へのアプローチ
  • 謝罪、会見、告知のアドバイス
  • コンプライアンスプログラムに則った関係機関への報告支援
ダメージコントロール

被害拡大防止や原因の調査分析と同時並行で、事業へのダメージを最小限にするための手段を迅速に支援します。事業復旧を第一に考え、調査対応だけではなく、早期復旧を見越したアクションをしっかりと支援します。

  • クレジット会社との調整支援、クレジット情報非保持対策支援

2.復旧支援

事業継続のための主要機能を復旧させるための計画策定を迅速に実施するとともに、復旧に関するシステム改修や構築等について支援します。


3.回復・恒久対策

再発しないシステム対策を提案し、事業の安定継続支援を実施します。


4.相談アフターフォロー

企業規模やリスクに応じたアフターフォローを提案します。 コンサルティングにより策定するロードマップを元に、導入、運用、教育まですべてワンストップで提供します。

  • 情報セキュリティプランニング
  • 安全なサイト構築のアドバイス、改善支援
  • Webアプリケーション脆弱性診断
  • プラットフォーム診断 IPS・WAF導入支援
  • セキュリティ監視センターJSOCによる運用監視導入支援
  • リテラシー向上のためのオフィスセキュリティ教育のご紹介丁寧な被害者へのアプローチ

ご相談は予約不要。24時間対応。今すぐ「サイバー救急センター」までご連絡ください。 0120-362-119 または 119@lac.co.jp

導入事例

株式会社テイパーズ様の導入事例を掲載しております。

株式会社テイパーズ様導入事例

    

サイバー119サービスに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6757-0113

受付時間9:00~17:30

戻る

LACメールマガジンのイメージ写真

ラックメールマガジン

情報セキュリティに関する情報をE-Mailにて、タイムリーに月2~3回の頻度でお届けします。

セキュリティ情報のイメージ写真

セキュリティ情報

ラックの中の人がセキュリティにまつわるさまざまな情報をつぶやきます。

緊急対応窓口:サイバー救急センター(R) 0120-362-119

サービスに関するお問い合わせ
受付時間:9:00~17:30

03-6757-0113

ラックホーム

ページトップへ