チーフエバンジェリスト兼CEO(チーフ宴会オフィサー) 川口洋

川口洋

チーフエバンジェリスト兼CEO(チーフ宴会オフィサー)
川口洋

ラックのセキュリティエバンジェリストであり、多数の外部講演を経験するスピーカー。

―川口さんにとって、情報とは何なのでしょう?

川口 今でこそエバンジェリストという肩書で仕事をしていますが、もともとはセキュリティ監視事業でデータを拾って読んで、分析する仕事をしていました。情報は僕にとって栄養分なんです。それがなければ生きていけないし、成長できなかった。
ただ生のデータを読むのは専門家だけでよくて、それが意味のある「情報」になって初めて、全ての人にとっても栄養になる気がするし、そうあってほしいです。

 
  • 続きを読む

川口洋

チーフエバンジェリスト兼CEO(チーフ宴会オフィサー)
川口洋

今週末はHardening One Remix!

株式会社ラック 川口洋

こんにちは。川口です。

最近、今週末に行われるHardening One Remixの環境構築に追われています。
すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、Hardeningとはビジネス継続を重視したIT[システム運用能力を競うことで、最高の「守る」技術を持つトップエンジニアを発掘・顕彰するため、セキュリティ技術競技(コンペティション) です。

重視しているのは「ビジネスの継続」と「ITシステムの運用」です。普段、システムを動かしても褒められず、止めると叱られる(ことが多い)エンジニアですが、ビジネスの継続に対して大きな貢献をしています。Hardeningを通じ、そのエンジニアの技術を磨き、顕彰するための場を提供したいと考えています。

Hardening Zero、Hardening Oneと続き、今回はHardening One Remixを7月6日(土)と7月13日(土)に開催します。今回あえて、TwoではなくRemixにしたのは色んな意味があるんですが、それはHardeningのUstreamでお話しされると思いますので、ぜひご覧ください。

私は今後もIT業界全体のシステム運用の能力向上に寄与しながら、セキュリティレベルの向上もできたらいいなと思って活動していきます。

そして、今日も打ち合わせと称して飲みに行くのでした。

川口洋

チーフエバンジェリスト兼CEO(チーフ宴会オフィサー)
川口洋

10年後のIT部門について
株式会社ラック 川口洋

川口です。
みなさん、こんにちは。

少し前の話になりますが、5月15日にアイ・ティ・アール(ITR)主催の「IT Trend 2013」の特別セッションでお話しさせていただきました。
テーマはセキュリティではなくて「10年後のIT部門について」でした。
普段、セキュリティの話題についてお話しさせていただくことが多いのですが、今回はITR社長の内山さんのもとに集った「内山塾」卒業生と一緒に未来のIT部門やIT業界がなすべきことについてお話しさせていただきました。

2012年4月にラックホールディングスからラックに変わったことで、セキュリティだけにとどまらず、広くITの領域をカバーする会社になりました。そんなときに今回の講演の打診があり、いい機会なのでまとめ役を引き受けました。

講演の内容自体は記事が掲載されているので見ていただくとして、600人以上の聴衆を前にして話をするのは大変いい経験になりました。話のテーマとしても講演の規模としても初めてのもので、私もまた一回り大きくなれた気がします。

今後もエバンジェリストとしてあちこちで情報発信をしていきますので、どこかで見かけたらお声掛けください。

ライオン、国分、カシオ、ラックが語る、10年後に向けてIT部門が今できること

川口洋

チーフエバンジェリスト兼CEO(チーフ宴会オフィサー)
川口洋

ラックは、自社が運営する国内最大級のセキュリティ監視センターJSOCのセキュリティ運用監視サービス「JSOC MSS」が、新たにシスコシステムズの適合型セキュリティアプライアンスCisco ASA-5585-X(以下、ASA5585-X)に対応したことを表明した。業種業態を問わないサイバー攻撃により、顧客情報、クレジットカード番号、企業機密/ノウハウなどの情報流出が大きな社会問題となっている。ラックが情報流出対策の最有力サービスとして提唱するセキュリティ運用監視サービス「JSOC マネージド・セキュリティ・サービス(JSOC MSS)」に、ASA5585-Xを対応した背景と取り組み、今後の展望について、それぞれの立場の方たちから話を聞いた。

 
  • 続きを読む

2011/05/24

コラム

セキュリティ

LACコラム2011 vol.07

「JSOCの実例から見える対策の方向性」

川口洋

チーフエバンジェリスト兼CEO(チーフ宴会オフィサー)
川口洋

LACコラム2011 vol.06には、当社がこれまでに経験した情報漏えいをはじめとする事故対応や、技術研究などから推測できる事柄と対策の方針がまとめられています。今回、川口のコラムでは、皆様の一助になればと思い、今回の事件に関するポイントをJSOCのセキュリティアナリストを経験していた視点で整理してみたいと思います。

 
  • 続きを読む

2011/03/08

インタビュー

セキュリティ

LACコラム2011 vol.04

「アナリストインタビュー」

川口洋

チーフエバンジェリスト兼CEO(チーフ宴会オフィサー)
川口洋

脅威の動向を一時も休むことなく監視しているJSOC。そのJSOC アナリスト部隊を率いる川口が、JSOCレポートから見える2011年の脅威を予測する。

 
  • 続きを読む

免責:
本ブログの掲載内容は、執筆者個人の見解に基づいたものであり、必ずしも株式会社ラックの立場、戦略、意見を代表するものではありません。また、本ブログの情報を利用したことにより、直接的あるいは間接的に損害や債務が発生した場合でも、株式会社ラックは一切の責任を負わないものとします。内容は掲載同時のものであり、現在のものとは異なる場合がございます。

  • メールマガジン
  • セキュリティ情報