元ナショナルセキュリティ研究所 所長 伊東寛

2013/04/10

コラム

サイバー事件・事故

セキュリティ

イスラエルのサイバー攻撃事案を読み解く

伊東寛

元ナショナルセキュリティ研究所 所長
伊東寛

 『イスラエルのサイバー攻撃事案を読み解く』(2013年4月10日)

 イスラエルという日本から遠い国で発生した、サイバー攻撃という目に見えないぶつかり合い。実感がなく見過ごしてしまうこの出来事に関して、学ぶべきことはあります。
 今回は攻撃技術ではなく、インテリジェンスの視点で、被害を受けた場合の立ち居振る舞いや情報統制のあり方など、私なりの意見を述べます。
 昨今目にする被害詳細の公表など、すばらしい対応ではあるけれど別の視点では慎重に行うべきこともあると思っています。
 皆様の事業継続や対策のお役に立てれば幸いです。

 サイバーセキュリティ研究所 所長 伊東 寛

 
  • 続きを読む

2011/08/25

コラム

セキュリティ

LACコラム2011 vol.13

サイバー戦において日本がなすべきこと

伊東寛

元ナショナルセキュリティ研究所 所長
伊東寛

米国、欧州、ロシア、アジア、北朝鮮等のサイバー戦への準備や取り組みは着々と進められている一方で、我が国のサイバー戦対処の態勢はまだその端緒についたばかりです。国家レベルでの総合的なサイバー戦国家安全保障に関して、私たちはどのような認識を持つべきなのか。今回の伊東のコラムでは、米国の事例を切欠にサイバー上における「戦争」と「犯罪」の違いについて解説します。

 
  • 続きを読む

2011/08/04

インタビュー

セキュリティ

LACコラム2011 vol.11

「国家に所属する組織と人々を護ることに貢献する。」

伊東寛

元ナショナルセキュリティ研究所 所長
伊東寛

サイバーセキュリティ研究所は、我が国おける最先端のサイバーセキュリティ研究機関。 世界のトレンドだけでなく、日本を始めとするアジアでの特異点にも精通した最新かつ多彩な知見を持つキュリティ研究員が、セキュリティにおける高度専門領域での研究を進めている。そのサイバーセキュリティ研究所の所長を務める伊東寛にインタビューを行い、研究所の理念や見据えている課題、そして伊東自身の信念に関して話を聞いた。

 
  • 続きを読む

免責:
本ブログの掲載内容は、執筆者個人の見解に基づいたものであり、必ずしも株式会社ラックの立場、戦略、意見を代表するものではありません。また、本ブログの情報を利用したことにより、直接的あるいは間接的に損害や債務が発生した場合でも、株式会社ラックは一切の責任を負わないものとします。内容は掲載同時のものであり、現在のものとは異なる場合がございます。

  • メールマガジン
  • セキュリティ情報