セキュリティアカデミー 教育チーム

教育チーム

セキュリティアカデミー
教育チーム

ラックセキュリティアカデミーの新ロゴ決定!

ラックセキュリティアカデミーが誕生して5年が経ちました。この5年のあいだ、多くの受講者の皆様と経験を共有してきましたが、皆様に親しまれてきたロゴの改定を行うことになりましたので、ご紹介いたします。

受講者の皆様に受講のきっかけを伺うと、会社で情報セキュリティ担当に任命されたものの、社内に知識や技術を教えてくれる体制がなかったり、専門誌を読んでもどう活かしていったら良いのかわからず、苦労された結果、アカデミーの門をくぐられる担当者様がたくさんいらっしゃいます。
ラックセキュリティアカデミーではそのような担当者様をサポートできるよう、基礎コースから専門コースまでのラインナップを充実してきました。

今回の新ロゴは、そんな思いも込めて改定しました。

ラックセキュリティアカデミーロゴ

~『地球』を象徴に、基礎から専門にステップアップできる教育~

ラックの社名にもある地球(Little eArth)を象った球体を軸に、基礎教育から専門教育へと段階的に受講してゆくことでステップアップしていただける、というイメージを表現しています。
また組み込まれたカラーは「JSOCや研究所、緊急対応チームの各専門分野の知識や技術が集約された教育」であることも象徴しています。事実、現場の一線で活躍する研究員やコンサルタントが講師を担当しますので、話題のニュースや講師が日々収集している専門的な情報を意見交換しながら受講できることが人気の秘訣のようです。

ロゴは新しくなっても、定評ある講義はそのままのクオリティです。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

ラックセキュリティアカデミーとは

2011/06/09

コラム

セキュリティ

LACコラム2011 vol.08 一歩先を行くセキュリティ教育を

「標的型攻撃から身を守る感性とは」

教育チーム

セキュリティアカデミー
教育チーム

急増する標的型攻撃。特定の組織、特定の部署、そして特定の人物を狙い撃ちにしてくるこの攻撃は、巧妙な細工がいくつも張り巡らされている。システムによる対策が効かないこうした攻撃手法に対して、我々が今目を向けるべき視点はどこなのか?ラックの教育機関であるセキュリティアカデミーのトップ講師であり、同時に人財コンサルタントである富田が、標的型攻撃に対する対策の視点を描き出す。

 
  • 続きを読む

免責:
本ブログの掲載内容は、執筆者個人の見解に基づいたものであり、必ずしも株式会社ラックの立場、戦略、意見を代表するものではありません。また、本ブログの情報を利用したことにより、直接的あるいは間接的に損害や債務が発生した場合でも、株式会社ラックは一切の責任を負わないものとします。内容は掲載同時のものであり、現在のものとは異なる場合がございます。

  • メールマガジン
  • セキュリティ情報