2014年05月の記事

日経コンピュータ(2014年05月29日)に、当社藤本のコメントが掲載されました

  • 詳細情報を見る

2014/05/30

メディア掲載情報

WEB

西本逸郎のIT社会サバイバル術

相次いだ重大な欠陥、脆弱性といかに付き合うべきか(上)

本題に入る前に、最近耳にしたニュースに少し触れたい。米国eBayから流出した1億4500万件にも及ぶ流出データ(ID、暗号化されたパスワード、メールアドレス、住所、電話番号など)が売りに出されたという

(この続きは、ITproをご覧ください。)

  • 詳細情報を見る

2014/05/27

メディア掲載情報

雑誌

セキュリティ事件簿

政府や企業が大慌て IEの脆弱性が危険なワケ

日経パソコン(2014年05月26日)に、当社 長谷川の記事が掲載されました。

  • 詳細情報を見る

マイナビニュース(2014年05月20日)に、当社CTO 西本のインタビュー記事が掲載されました。

  • 詳細情報を見る

電波新聞(2014年05月19日)に、当社CTO 西本が講演を行った記念式典に関する記事が掲載されました。

電波新聞(2014年05月16日)に、当社CTO 西本が講演を行う式典に関する記事が掲載されました。

2014/05/16

メディア掲載情報

雑誌

特集2 標的型攻撃、驚きの新手口-〔Part3〕

侵入を前提とした対策を

日経コンピュータ(2014年05月15日)に、当社CTO 西本のコメントが掲載されました。

  • 詳細情報を見る

2014/05/16

メディア掲載情報

雑誌

特集2 標的型攻撃、驚きの新手口-〔Part2〕

防御困難、新手口の数々

日経コンピュータ(2014年05月15日)に、当社CTO 西本のコメントが掲載されました。

  • 詳細情報を見る

Security NEXT(2014年05月14日)に、当社の発表した注意喚起情報『Apache Struts 2の脆弱性が、サポート終了のApache Struts 1にも影響』に関する記事が掲載されました。

  • 詳細情報を見る

2014/05/13

メディア掲載情報

WEB

西本逸郎のIT社会サバイバル術

「心臓出血」の影響はあるのかないのか、説明責任を課されるサイト運営者

ITpro(2014年05月11日)

オープンソースの暗号通信ソフト「OpenSSL」の欠陥(「心臓出血(Heartbleed)」と呼ばれる)に関して前回のコラム:「OpenSSLで露見した脆弱性、「心臓出血」の影響はどこまで及ぶ」に書いたが、今回はその後の状況をまとめてみよう。

(この続きは、ITproをご覧ください。)

  • 詳細情報を見る

免責:
本ブログの掲載内容は、執筆者個人の見解に基づいたものであり、必ずしも株式会社ラックの立場、戦略、意見を代表するものではありません。また、本ブログの情報を利用したことにより、直接的あるいは間接的に損害や債務が発生した場合でも、株式会社ラックは一切の責任を負わないものとします。内容は掲載同時のものであり、現在のものとは異なる場合がございます。

  • メールマガジン
  • セキュリティ情報