注意喚起情報

ラックは、全てのITを活用する組織に対して、今すぐ理解すべき脅威に関する情報を「注意喚起情報」として公開しています。

注意喚起情報は、インターネット経由で組織を攻撃する外部脅威や、組織内部から情報が持ち出されてしまう内部脅威を検知し防御するセキュリティ監視サービス「JSOC」や、サイバー攻撃により被害を受けた組織の事業継続と再発防止の支援を行う緊急対応サービス「サイバー119」、サイバーグリッドジャパンが研究する脅威分析情報、ラックのIT部門「スマートビジネスファクトリー」が検知したサイバー攻撃などを起点に調査した情報です。
注意喚起情報には、サイバー攻撃の被害や手法を解説するもの、IT機器やソフトウェアのセキュリティ上の欠陥に起因する脅威、IT機器利用者の活用方法の問題により引き起こされる脅威など、注意喚起の種類は多岐にわたります。 これら全ての注意喚起情報には、たとえその製品やサービスを使用していなくても、脅威が具現化するステップが解説されていますので、注意喚起情報の内容から多くのノウハウが得られるものと考えています。
注意喚起情報は、ラックが発信する情報の中でも緊急度は最も高いものとなります。タイムリーにこれらの情報を受け取っていただくため、ラックメールマガジンの購読や、Facebookページの購読をお勧めいたします。

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

免責:

本記載事項の利用については、全て自己責任でお願いいたします。本記載事項の記述を利用した結果生じる、いかなる損失においても株式会社ラックはその責任を負いかねます。本記載事項を引用して利用される際は、必ず出典元を明記してご利用下さい。LAC、ラックは、株式会社ラックの商標です。JSOC(ジェイソック)は株式会社ラックの登録商標です。その他、記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

LACメールマガジンのイメージ写真

ラックメールマガジン

情報セキュリティに関する情報をE-Mailにて、タイムリーに月2~3回の頻度でお届けします。

セキュリティ情報のイメージ写真

セキュリティ情報

ラックの中の人がセキュリティにまつわるさまざまな情報をつぶやきます。

緊急対応窓口:サイバー救急センター(R) 0120-362-119

サービスに関するお問い合わせ
受付時間:9:00~17:30

03-6757-0113

ラックホーム

ページトップへ