社員インタビュー interview

セキュリティエンジニア 画像

セキュリティエンジニア2014年入社
セキュリティのための先端テクノロジーと
プロフェッショナルの集合体であるJSOC。
その優れたパフォーマンスを活かすために必要な
お客様側の機器とネットワーク環境を整備しています。

JSOCのサービスを万全にするためにお客様の環境を整備する

セキュリティエンジニア 画像

LACが誇る日本最大級のセキュリティ監視センター、JSOC(Japan Security Operation Center)。 そこでは、ネットワークセキュリティのプロフェッショナルであるアナリストやエンジニアが24時間365日体制でセキュリティの脅威を監視しています。
主な監視対象は、お客様のネットワークシステムからあがってくるログ。そのため、正確な分析と判断には、企業側のネットワークシステムとの強固な連携が不可欠です。私の仕事は、これらを実現するさまざまな機器の導入をサポートすること。Firewall、IDS/IPS、マルウェア対策製品などから、間断なくログを吸い上げるためのお客様側の環境を整備しています。

ニーズを正しく把握し、ひとつ上を行く提案をする

お客様と対面しながら仕事をしていくので、技術的な部分やノウハウ的な部分を求められることが多々あります。
第一のミッションとしては、お客様側のシステムからJSOCへログを送るための環境を構築することですが、JSOCにとって、お客様のシステム担当者と仕事をする最初の接点でもあるので、お客様との信頼構築も私の仕事です。第二のミッションとしては、製品を導入、構築するだけでなく、セキュリティ屋としてお客様のセキュリティ上の課題や発見されていない問題等に対して、どれだけ付加価値を創造できるかが大事な仕事だと考えています。他社システム部門の方に「セキュリティならまたLACに相談しよう。」って、言われるような仕事をしたいですね。

セキュリティエンジニア 画像

自由、自律を尊重する社風で意欲的に学び、成長したい

セキュリティエンジニア 画像

前職は、自社製品の業務アプリケーションを開発し、お客様のもとへ導入する仕事をしていました。そのため、その製品の開発言語や製品仕様に関しては詳しくなる一方、最新のIT業界の動向とも縁遠いと感じるようになりました。IT業界は広いので別の分野を経験したいと転職を決意。セキュリティであれば、ネットワークやインフラといったより広いフィールドで最新のIT業界の動向に広く関わることが可能になると思い、LACを志望し、入社することになりました。
私は現在、OJTで現場を経験しながら必要な知識やスキルを学んでいます。自分で考えてもわからない事や不足しているスキルは仕事をする中ででてきますが、そのような時は周囲からフォローしていただいています。
外部セミナーや勉強会に参加することに関しては奨励されており、社内でも頻繁に勉強会が実施されています。それゆえに、一人ひとりの仕事への取り組み方もある意味、自己責任と自律が求められますが、自発的に学び、成長していきたいと思っている私には理想の職場だと思っています。

私のオフタイム

友人と郊外へ行き、キャンプやバーベキューを楽しんでいます。あまりガッチリと予定を決めたり道具を準備するのではなく、まったりと、行き当たりばったりな調子でやっています。ちなみに先日は、ガスバーナーのガスを忘れて、火起こしからスタートしました。そういったアクシデントも楽しみのネタにしています。

私のオフタイム 画像