社員インタビュー interview

マーケティング・スペシャリスト 画像

マーケティング・スペシャリスト2000年入社
入社後数年間のSE時代に培った専門知識を活かして、
ソリューション商材の開発とプリセールスを担当。
業務と育児をバランスよく両立させながら、
お客様の課題解決に全力で取り組んでいます。

商材の開発からプリセールスまでを一手にカバー

マーケティング・スペシャリスト 画像

私の所属する部門では、海外のパッケージソフトと当社独自のセキュリティサービスとを組み合わせたりしながら、新しいソリューション商材の開発を行っています。 開発はまず海外のパッケージソフトの選定・検証からスタートし、商品化が可能と判断したら、営業担当者を通じてお客様に提案。プリセールスといい、お客様のもとに出向いて製品やシステム構築の技術面に関わる専門的な説明を行うことになります。
商学部で学んだ大学時代は、商社に就職したいと漠然と考えたこともあったのですが、就活中に将来性の大きいIT関連分野に大きな魅力を感じるようになりました。入社当時は情報システム系の知識はまったくなく、苦労をしながら技術を身につけ、SEとしていくつかのシステム構築のプロジェクトに参加しました。
どうすれば新しい商材が売れるかを考えながらお客様に提案する現在の業務は結果的に大学で学んだマーケティングとリンクしていますが、製品がどういうアーキテクチャで動いているかをわかりやすく説明し、商品の魅力を十分にお伝えするためには、ITの技術的知識がなければなりません。その意味で、現在の私がマーケティング・スペシャリストとしてプリセールスを行えるのは、SEとしてIT技術の経験を積んだからこそだと思っています。

販売に先立って必要な“社内営業”

私たちがソリューション商材をお客様にお届けするには、社内の「営業担当者、エンジニアへの営業」から始めなければなりません。当社には多数の取り扱い製品、ソリューションがあり、多忙な営業担当者、エンジニアはそのすべてを把握しているわけではないので、新しい商材を開発したらその情報をまず社内に宣伝する必要があるのです。
そのために部門単位のミーティングに参加させてもらうほか、メールで情報を発信したり、社内セミナーを開いたりもします。そのようにして営業、エンジニアの協力を仰ぎながら、開発した商材とお客様の課題解決のニーズをフィットさせるプロセスに、この業務独自のおもしろさとやりがいがあります。
以前、ある旅行代理店が運営している宿泊施設の予約システムのパフォーマンスが悪く、全国のホテルや旅館から多数のクレームを受けて困っているという事案がありました。
そこで私たちの担当している製品を導入したところ、問題がアプリケーションの中で可視化され、ボトルネックがどこにあるかが判明。プログラムの改修でパフォーマンスが格段に向上し、お客様にも非常に喜んでいただけました。この案件がまさに、社内営業をする中で出てきた案件で、話を聞いてくれたエンジニア(プロジェクトマネージャー)が製品をお客様に薦めたことがきっかけで始まりました。お客様への営業活動に先立つ"社内営業"はとても大事な仕事です。

マーケティング・スペシャリスト 画像

育児をしながら限られた時間の中でできる仕事

マーケティング・スペシャリスト 画像

私には2人の子どもがいて、これまで2度の産休と復職を経験しました。育児休業明けの女性が働き続けられる環境整備が社会全体で進められており、当社でもワーキングマザーに対するサポート体制が充実しています。社会・会社が協力的というのは理想的な環境で、とてもありがたいと思っています。
その環境に感謝しつつも甘えすぎないよう、限られた勤務時間の中で少しでも会社に恩返しができるように、結果を出せるように努力をしていきたいと考えています。これからも、また新たな商材を発掘・企画して、営業・エンジニアのみなさんと一緒に協力して、お客様に価値を届けていきたいと考えています。

職場の人間関係・業務内容

相関図

本部のメンバーは総勢20名ほど。ソリューション企画には、私の所属するソリューション商材チーム、セキュリティ商材チーム、LACグループウェア商材チームの3チームがある。
開発した新商材の営業部署への告知や、クライアントのもとに出向いてのプリセールスも主要な業務の一環。
家庭では2児の母。

私のオフタイム

趣味は手芸で、子供の洋服やマフラーを作ったり、時にはおもちゃの修理も。手先を無心に動かしていると、頭の中がスッキリしてとても良い気分転換になります。

私のオフタイム 画像