社員インタビュー interview

ITスペシャリスト 画像

ITスペシャリスト2013年入社
追求することが好きで、技術は日々勉強。
しかし、それだけでは思いどおりにいかないこともある。
転職を経験し、自分自身も含めて
人を活かすことの大切さを知りました。

プロとして自らの技術を発揮する

ITスペシャリスト 画像

私の所属が金融システムを扱っている部門ということもあり、金融関連の案件に携わることが多いです。主な業務はクライアントの基幹システムの構築と保守。ATMや照会、認証、勘定系などのアプリケーションが円滑に動くように、土台となる部分をお客様が要求する設定をヒアリングしながら構築。さらに、それらが常に問題なく動くようにチェックし、必要があれば改善していきます。
大規模な構築であれば社内でチームを組んで参画します。他のインテグレーションのチームが手がけているシステムが遅れている時には、一人でヘルプに入ることもあります。「身につけた技術をどこでも、どのような状況でも発揮できるのがプロ」という思いとともに柔軟に取り組んでいます。

もっとよい方法はないかと問いかける

モノを作ることやモノの構造や働きを追求することが好きで、以前からプログラムの設計や開発も手がけてきました。運用もひとつの設計です。システムをもとに人がどのように動くか、どうすれば間違いがなく、効率的になるか。そういった仕組みを考えて、答えを導き出すのはパズルゲームのような感覚で楽しいことです。ビジネスですからシビアな面もありますが、柔軟にアプローチすることも大切なのではないかと思います。
たとえば、先頃、あるセクションでサーバーごとに個別に行われていた動作を一括で管理する仕組みを考えました。私が手がけるまでは、特別な理由はなく決まっていた構成でしたが、その構成ではサーバーごとのメンテナンスが必要になり、作業が複雑になることが予想されました。作業が複雑になれば、それだけミスも誘発されます。そこで、一括管理でよりシンプルに動く形を設計し、お客様に説明したところ「それはぜひやってほしい」とGOサインをいただき、改善を決行。高い評価をいただきました。このような好奇心や探求心を発揮し、よりよいソリューションをお客様に提供できるのもこの仕事の魅力だと思います。

ITスペシャリスト 画像

自分もチームも高める人に

ITスペシャリスト 画像

LAC入社以前もシステムインテグレーションを手がける会社にいました。フリーランスに近く、自由度は高かったのですが、「何歳までこのままで続けられるだろうか」と将来に不安はありました。小さな会社でしたので、一人での案件が多く、チームで仕事をしたいと思う気持ちもありました。
あるプロジェクトでLACの社員の方と一緒にお仕事をした際、LACの雰囲気に触れたことがきっかけで、求人に応募し、入社するに至りました。
LACでは、チームで仕事をすることが叶いました。チームによる仕事は、1+1が2以上になる相乗効果を感じています。自分の得意な技術をさらに磨き、いつまでも現場で働きたいという気持ちもあるのですが、今後はこのような環境を活かし、さまざまなスタッフの力を活かすマネージメント能力も身につけていきたい。いわゆる「プレイングマネージャー」が理想の姿です。

私のオフタイム

まったくのインドア派で家の中でできる楽しみを見つけています。先日、ふとテレビで燻製の特集を観て自分でも作ってみたくなり、いろいろ調べて100円ショップにあるもので燻製器を組み立てました。材料費は420円。チーズやナッツを試したところ、思った以上に上手くできました。とてもお酒が進みます!

私のオフタイム 画像