社員インタビュー interview

セキュリティコンサルタント 画像

セキュリティコンサルタント2008年入社
アメリカ憲法を研究していた私がこの会社に入社することに
決めたのは、憲法もセキュリティも「人に幸福をもたらす」
という点で一致していると思ったから。
日々のコンサルティング業務を通してお客様に安全・安心な
IT環境をお届けすることに、やりがいと喜びを感じています。

ITの安全対策に関するあらゆるニーズに応える

セキュリティコンサルタント 画像

お客様のセキュリティレベルを維持向上するためのコンサルティングサービスを行っています。
情報漏洩などの事故が起こることを予防・防止し、万一トラブルが発生しても被害を最小限に食い止められる仕組みづくりを、お客様と一緒に考えるのが私たちの役目です。当社独自のセキュリティ規格等、ノウハウに照らして顧客組織におけるIT環境の安全性を総点検し、課題を明らかにして改善策を報告する、というのが業務の基本的な流れ。お客様の感じている不安や、抱えている悩みに応じて、点検する対象、及び手段は異なります。それだけに、ITに関する広範な知識はもちろん、お客様に柔軟に対応するためのコミュニケーション能力も欠かせません。
ときには、担当者の方はセキュリティに対して強い問題意識を持っているものの、組織内の合意形成が難航しているため、上層部を説得するためのサポートをしてくれないかといった依頼を受けることも。コンサルティングサービスの内容は、このように多岐にわたります。

セキュリティレベルの向上は人の幸福につながる

大学では、総合政策学部でアメリカ憲法を研究していました。そんな私が、なぜこの業界に飛び込んだのか。そのきっかけは、就活中に訪れた合同企業説明会にたまたま当社が参加していて、会場のスタッフに勧められるままに話を聞いて、セキュリティという世界に新鮮な興味を抱いたことです。一見、専攻していた分野とはかけ離れているようですが、憲法もセキュリティも、深いところでは「人の幸せを追求する」という点で共通します。「ネット上の掲示板に書き込みたいけど怖くてできない」という身近な友人もいたりして、誰もが安心してITを活用できる社会を実現することにつながるこの事業に、大きな意義を感じるようになりました。
正直に言って、入社時にはITやセキュリティに関する知識はほとんどありませんでした。はじめは先輩の使う用語すらまったく理解できない状態でしたが、実際の業務を通して少しずつ学んできたという感じです。以前はヒアリングシートの作成や資料の取りまとめなどサポート的な業務をすることが多かったですが、最近は、CSIRTというインシデント対応を牽引していくようなチームの構築や構築後の支援をするような業務を担当しています。今後もお客様に安心をご提供できるサービスを展開したいと思っています。
若手のうちからプロジェクトマネージャーを任されるような先輩もいて、年齢や性別に関わらず、やる気と能力次第で誰にでもチャンスが与えられるのが当社のよさ。何かにチャレンジしようとする社員は、周囲の人からしっかりバックアップしてもらえます。

セキュリティコンサルタント 画像

お客様に意識を高めてもらうことも重要な役割の一部

セキュリティコンサルタント 画像

さまざまなお客様と接して感じるのは、各組織におけるセキュリティ意識にはかなりの温度差があるということ。全体的に危機感が高まってきている一方で、セキュリティ対策をしても「業務効率が低下する」とか、「利益が上がる訳ではない」などの考えから、セキュリティ対策を後回しにしがちな組織がまだまだ多いのも実情です。「対策を施さなければまずい」に留まらず、「対策することで安全に企業活動ができる」というように、お客様に意識改革をしていただくこともまた、当社の使命なのではないかと思います。
ITにおけるセキュリティへの取組みは、社会においてますます重要性が増しており、多くの組織にとって、経営戦略の欠かせない一部分となりつつあります。私たちに期待される役割もさらに大きなものになるのだと思うと、目の前の業務に取り組む姿勢もおのずと真剣みを増します。

職場の人間関係・業務内容

相関図

グループのメンバーは約30人。
コンサルティング業務には少なくて1人から、案件規模に応じて複数名のチーム・プロジェクトであたる。現在のところ、プロジェクト担当者としての、サポート的業務が中心。
上級コンサルタントとなって、主体的に顧客と関われるようになることを目指している。

私のオフタイム

「充実したオフタイムを過ごした分だけ、オンタイムも充実する」が私の持論。
料理、映画鑑賞、スポーツ観戦など趣味はいろいろありますが、一番の楽しみは旅行で、北海道から沖縄まで日本各地を訪ね歩いています。友人や妹と一緒に出かけることが多いのですが、最近は一人旅のよさもわかるようになりました。事前に同僚や先輩に相談をしてスケジュール調整をすれば、有給休暇もしっかり使えます。旅先ではいつもと違う自分を大いに楽しんでいます。

私のオフタイム 画像