社員インタビュー interview

営業 画像

営業2013年入社
営業の武器は、人としてのすべて。
信頼関係がないところに、取引はありません。
誠実さを感じない者は、助けようと思われません。
心を動かし、力を尽くし合うからこそ、
成功した時の歓びを共有できるのだと思います。

前職でセキュリティへの関心の高さを実感

営業 画像

LACに入社する前は、IT機器の販売会社で事務機器を中心にパソコンやサーバー、業務向けのソフトなどを扱っていました。ほとんどのお客様が中小企業でしたが、機器以上にセキュリティに対する関心の高まりを感じ、それは日に日に増大。マーケットはさらに拡大すると見え、自分も同分野で働こうと思うようになりました。いろいろな会社をネットで調べていたところ、セキュリティで豊富な実績があるLACに興味を持ち、求人に応募しました。
同じIT関連とはいっても、フィールドがまったく異なります。面接でどのようなことを聞かれるのか不安でしたが、話した内容の大半はプライベートなど仕事以外のこと。自由で伸び伸びした雰囲気に惹かれました。今思えば、専門知識などより、「お客様との信頼性を築けるか」というような人間性の部分を見られていたのかもしれません。

前任者から仕事とLACへの信頼感を引き継ぐ

入社後は希望どおり営業部へ。LACのお客様のかなりの割合を占めている金融系企業以外のエンタープライズ事業者向けの営業活動を行っています。現在はISP(インターネットサービスプロバイダー)をはじめ大手企業10社を相手に、セキュリティに限らず、システムインテグレーションやシステム関連の商品の販売やサービスといったLACの事業内容をもとに、さまざまなソリューションを提供しています。
常に心がけているのは、お客様に誠実でありたいということ。現在の仕事の大半は前任のスタッフからの引き継ぎであり、前任のスタッフが信頼関係を築いたからこそ続いているもの。それはLACの財産でもあります。そうした信頼関係を損なうことなく、さらに高められるように、お客様の要望にしっかりと耳を傾け、期待される以上の提案をしたいと思っています。

営業 画像

“頼りになるスタッフ”になれるように成長したい

営業 画像

営業としての手腕には自信を持っていますが、セキュリティやシステムに関する経験はまだ浅い。自分でも心もとないと思う時もありますが、それでも何とかやっていけるのは、エンジニアをはじめ、他のスタッフのサポートがあるからです。以前、ある案件を進めていた時、自分自身の知識・経験不足ゆえに納期遅延を引き起こしそうになりましたが、担当のエンジニアの高い技術力によって、遅延なくリリース出来たことがありました。LACは、このようなエンジニア・スタッフばかりで頼もしく思っています。
ただ、いつまでも頼りっぱなしではいけないので、自分から学んで知識や経験を広げようと思っています。社内のセミナーに積極的に参加したり、システムを構築するスタッフに同行して作業内容を見させてもらったりしています。本も読んでいますが、実際に自分の目で見たほうが身につきますね。わからないことはわからないままにしない。質問すれば気軽に答えてもらえます。こういったサポート力やチームワークを重視する社風は、中途入社組にはとてもありがたい。早く成長して、今度は自分が“頼られる側”になりたいと思います。

私のオフタイム

休日はキッチンに立ち、料理の腕をふるいます。友人を招いてちょっとしたホームパーティーを開くこともあります。学生時代に洋食屋でアルバイトをしていたので、ほとんど何でもできますね。集中して作っていると仕事のことを一切忘れられていい気分転換になりますし、妻からも歓ばれるので一石二鳥です。

私のオフタイム 画像