社員インタビュー interview

営業 画像

営業2013年入社
社内のエンジニアの技術力には絶対的な信頼感があります。
それを活かすのは、営業の仕事。
新しい視点やアイデアでLACのポテンシャルを引き出し、
お客様に新しい価値を提供したいと思います。

メガバンクの巨大なシステムの一端を担う

営業 画像

多くの人々が利用している銀行のサービスを動かしているのは、巨大にして膨大な量のITシステムであり、そこにはさまざまなスタッフが関わっています。私もその一人。誰もが知るメガバンクをクライアントとする営業を担当しています。
直接のお客様は、子会社として銀行の業務のIT部門を請け負う情報システム会社。その中は、さらに国際部門、情報部門、インフラ部門といったセクションに分かれており、LACではチームとして各部門に対して営業を推進。セキュリティサービスやシステムイングレーション、システム関連の商品の販売といったサービスを提供します。お客様から引き合いを頂くこともありますが、日頃のおつきあいの中からニーズを聞きだし、必要と思われるソリューションをこちらから提案することも少なくありません。上司の指導や先輩社員たちの手厚いサポートを受けながら、日々提案活動に励んでいます。

お客様も社内のエンジニアもどちらも大切

LACの営業にとって、お客様と同じくらい大切なのが社内のエンジニアです。セキュリティやシステムイングレーションといったセクションがありますが、それぞれに、さまざまな得意分野を備えたプロフェショナルがいます。お客様のニーズを最終的に実現するのは、営業ではなくエンジニアである、という想いのもと、如何に良い形でお客様とエンジニアの橋渡しが出来るかを心がけています。また、ただ橋渡しをするだけでなく、案件の意義や会社側のメリットなどを見極め、「なぜこの案件を提案したいのか」をエンジニアにしっかりと伝えることも、営業の大切な仕事だと思っています。
お客様には常に誠実な対応を心がけています。スケジュールや契約条件で難しい依頼を頂く場合がありますが、一見「できない」と思われるものを、どうしたら「できる」かを、社内の色々なスタッフの知見を借りながら、とことん突き詰めて考え、提案することが、営業の醍醐味だと感じています。先日、ある大きな案件が成約しそうになった時に、契約上の問題で難航するということがありました。そこでは、エンジニアだけでなく、購買部や経理部などのスタッフにも相談し、最終的にお客様の要望を叶える形で契約を結ぶことができました。「できない」時は、中途半端に承諾せず、「できない」と明確にお答えすることも重要ですが、可能な限りの代替案をお出しすることで、「できる」状態につなげることが、最終的にお客様にもLACにもメリットになると考えています。

営業 画像

「3事業の融合」にチャレンジ

営業 画像

今後は、セキュリティサービスとシステムイングレーションとシステム関連の商品の販売というLACの3つ事業の柱を融合した提案にチャレンジしていきたいと考えています。
LACといえばセキュリティ、と言われることもありますが、セキュリティは対象とするシステムがあってこそ必要であり、両者は切っても切れない関係にあります。その意味で、3つの柱を軸に据え、広く社会のITインフラを支えることが出来るLACは、大きな強みを持っていると考えています。
3事業の融合を一層推進していくことが、私たち若い世代の仕事なのではないかと思っています。

セキュリティエンジニア志望から方向転換

大学院では公共政策を専攻。経済、法律、政治学、行政といった分野を学んでいました。その中で、サイバーセキュリティを研究していた際、政府のある審議会の参加者にLACの社員が名を連ねており、民間で参加している会社があるのかと興味を持ちました。
説明会に行って詳しい話を聞いたところ、当初の印象よりも幅広い事業をしていることに驚きました。専門知識がなく、ITにも詳しくなかったのですが「長い期間をかけて、みっちり研修を受けてもらうので心配ない」と言われ、思い切ってセキュリティ系のエンジニアになるべく、挑戦してみることにしました。
実際、研修は充実しており、専門の知識やスキルをわかりやすく教えていただけました。しかし、研修の途中で「君、営業に向いてるね!」という人事の方のアドバイスをいただき、方向転換。自分でも納得するほど、今では、心底“営業の人”になっています。

営業 画像

職場の人間関係・業務内容

相関図

顧客はメガバンクの子会社でIT部門を請け負う情報システム会社。
国際部門、情報部門、インフラ部門といった各セクションの担当者とのやりとりで業務を進める。
サービスの内容や実施条件に合わせて社内の各分野の適任と思われるスタッフに依頼をかける。

私のオフタイム

海外旅行が好きで、学生時代はインドやエジプトを放浪しました。社会人になると海外には行きにくくなるかと思いましたが、LACでは夏期休暇に有給や振り替え休暇を合わせると長期の休暇が取りやすく、入社してからも2回ほどヨーロッパに出かけました。次はトルコあたりを旅してみたいと思い、いろいろ準備しています。

私のオフタイム 画像