ラックセキュリティアカデミーとは

専門性の高い講師陣による実践的なセキュリティ教育

情報セキュリティを確保する上で最も重要なことは、高度なセキュリティソリューションやマネジメントシステムを理解し実践できるプロフェッショナル人材の育成といわれています。
ラックセキュリティアカデミーでは、幅広いセキュリティ分野においてそれぞれ専門性の高い講師陣による実践的な情報セキュリティ教育を行っています。

ラックセキュリティアカデミー

『地球』を象徴に、基礎から専門にステップアップできる教育

ラックの語源である地球(Little eArth)を象った球体を軸に、基礎教育から専門教育へと段階的に受講することでステップアップできるという意味が込められています。
また入り組んだカラーは「JSOCや研究所、緊急対応チームの各専門分野の知識や技術が集約された教育」であることも象徴しています。

セキュリティ教育には、組織の取り組みが必要

ラックセキュリティアカデミーはセキュリティ教育を組織の取組と考え、

  • 一般社員、経営者、開発ベンダーのセキュリティレベルを上げる
  • 情報システム部門、運用チームのセキュリティ対応力を上げる

この2点を目的に、役割やレベルにあった教育で、セキュリティ対策のバランスを整え組織のセキュリティ強化を目指します。

ラックが考える人財育成

多くの企業において、組織のセキュリティは情報システム部門や運用チームがメインとなって支えています。しかしセキュリティ対策は、専門知識が求められるため、セキュリティ製品や専門企業に頼らざるを得ない状況が生まれている上に、コスト削減を求められ組織の対応力は限界に来ています。

ラックセキュリティアカデミーでは、セキュリティ対策部門だけの教育ではなく、組織全体としてセキュリティ力を高めるための教育支援を行います。

ラックセキュリティアカデミー 3つの特長

1.国内最大規模の監視センターJSOCの豊富な実績

ラックが誇るセキュリティ監視センターJSOCでは、ネットワークセキュリティに関するプロフェッショナルであるアナリストとエンジニアが、24時間365日の体制で、お客様のログをリアルタイムに分析すると同時に、独自に設置しているハニーポット(おとりサーバー)が収集した攻撃の分析を行い、最新のサイバー攻撃の傾向を把握しています。
さらにグローバルでのセキュリティ情報のチェックやセキュリティ問題に発展しやすい政治的なニュースや事件を把握し、インターネット上の有事にいち早く対応できるよう備えています。
ラックセキュリティアカデミーでは、これらの情報により、常に最新のデータを基にした研修を行っております。

2.独自の研究所運営による圧倒的な情報量

情報セキュリティ最先端の研究を行うため、フォレンジックやマルウェア解析などの専門研究員が、最新の情報セキュリティ課題を持ち、活動をグローバルに広げ研究に取り組んでいます。

3.専門性の高い講師陣

現役のアナリスト、研究員、コンサルタントなど、各分野における専門講師がコースを担当します。積み上げてきた実績や最先端の研究により集まった圧倒的な情報量を基に、テキストだけでは伝えられない研修を行います。

貴社の人財育成プランにあった教育をご提供します

各社・各部署によってセキュリティ教育を実施する目的はさまざまです。しかしこれまでのセキュリティ教育メニューは、コースが最初から設定されており、受講者レベルのミスマッチや不必要な講義受講も多くありました。カスタマイズを行うと想定以上の予算がかかってしまうことも。 ラックセキュリティアカデミーなら、目的やゴールなどに応じたさまざまな教育プランを、必要最小限の費用で実施することができます。

情報セキュリティに関連する入門から専門家向け資格取得コースを取り揃えています。

資格取得支援コース

CISSP, CompTIA Security+といった国際的に認定されている情報セキュリティ資格の取得を目指すコースです。情報セキュリティの専門家としてキャリアを積んでいく方におすすめです。

セキュリティ専門コース

基礎知識を習得された方がさらに実践的な技術や考え方を習得するコース。専門の講師によるハンズオンを中心としたコースで専門性に磨きをかけます。

セキュリティ基礎コース

情報セキュリティへの理解を深め、知識向上を目的としたコース。情報事故が発生した際、慌てず対応できる知識の習得や、セキュリティを専門とする方の基礎コースとなります。

セキュリティリテラシーコース

職業、職種、役職問わず情報を取り扱うすべての方が対象となるコース。「情報セキュリティ」を理解して身の回りに潜む脅威を知ってもらうためのコースです。


戻る

LACメールマガジンのイメージ写真

ラックメールマガジン

情報セキュリティに関する情報をE-Mailにて、タイムリーに月2~3回の頻度でお届けします。

セキュリティ情報のイメージ写真

セキュリティ情報

ラックの中の人がセキュリティにまつわるさまざまな情報をつぶやきます。

緊急対応窓口:サイバー救急センター(R) 0120-362-119

サービスに関するお問い合わせ
受付時間:9:00~17:30

03-6757-0113

ラックホーム

ページトップへ