LAC 株式会社ラック

ラグビー2017/01/11

パナソニック ワイルドナイツ 山田章仁です。(第13回)

  • ツイート
 
パナソニックワイルドナイツ山田 章仁


ラックのみなさん、そしていつも応援してくれる多くのみなさん、
あけましておめでとうございます。

早速2017年の抱負といきたいところですが、まずは昨年のラストスパートの12月を振り返りたいと思います。

12月は毎週、国内トップリーグの試合で目白押しでした。
1週目はホームゲーム。群馬県は太田でクボタさんと試合。毎年、力をつけているチームの一つで気の抜けない試合となりました。先制されたり、なかなかリズムに乗れなかったりの試合となりましたが、なんとか34-25で勝利。
この日はチームメイト北川選手のTL100トライ記念試合にもなりましたし、リーグ再開を白星で飾り幸先のいいスタートとなりました。

20170110_yamada_01.jpeg

2週目は大阪花園競技場で古巣、ホンダさんと試合。そうです。ご存知の方もそうでない方も、私、大学卒業後プロラグビー選手としてキャリアをスタートさせたのはホンダさんなのです。しかし、大変恐縮ながら試合のほうは69-14で勝利させていただきました。

20170110_yamada_02.jpeg

試合後は、かつてのチームメイトであった、サムくんとパシャリ。
このように懐かしい仲間に会えるのも、競技生活を続けるうえでの醍醐味であります。

さて、時間はどんどん過ぎまして、3週目。
その前に、ここで改めて私の一週間の流れを説明しますと、、、練習の日々です。
練習、練習、オフの日もこっそり練習。唯一、気の抜けるのは試合後の夜くらいでしょうか。でも苦しくはありません。逆に幸せに感じる時が増えました。自分の好きなことを仕事にできて、毎日頑張れば頑張だけ、成果に繋がる職業であるからです。
そんな幸せを噛み締めながらの12月。も、残り半分。

話、戻します。
3週目の相手はリコーさん。リコーさんも毎年、インパクトのある外国人選手を揃え、
気の抜けないチームです。
ここでもまた先制されます。しかし、先制されることが増えたのか、焦らなくなりました。チームの器が大きくなってきた証拠であると勝手にポジティブに思いながら、試合を進めていくわけですが、この試合は久しぶりの東京は秩父宮での試合。多くの観客の方々のパワーもいただけ、チームは45-17で勝利。
チームメイトの支えもあり、私、MOM(Man Of the Match) をいただけました。

20170110_yamada_03.jpeg

この試合、そんなことより素晴らしい出来事が。世界的に有名なデービット・ポーコック選手が秩父宮デビュー。日本には世界のトッププレーヤーたちが集います。
みなさんも外苑前の秩父宮競技場に是非。

このままの勢いで12月もラストゲーム。4試合目は地元・福岡で。これがまた福岡でラグビーが人気でスタジアムには多くのお客さん。相手はサニックスさんでお互いボールをワイドにふる見応えあるゲームになったと思います。
結果は55-14で勝利。ボーナスポイントも獲得し、リーグ3位で2016年を終え、優勝に望みをつなぎます。

20170110_yamada_04.jpeg

この試合でもイベント盛りだくさん。中でもビッグニュースになったのはチームメイト、田中選手とダニエル・ヒーナン選手がTL(TOP LEAGUE)100試合出場達成のニュース。年々レベルが上がってくるTLで100試合、本当に素晴らしい偉業であります。

20170110_yamada_05.jpeg

こんな12月は4試合。見事全勝で締めくくり、イブを過ごし、クリスマス、年末休暇となります。というのは世間のお話で、ラグビーはもちろん練習の年末。
これもまた競技生活の醍醐味でしょう。

12月は試合の他に、北九州で高校生に講演、全国高校ラグビー選手権の解説、北九州市のCM撮りと非常に充実した月となりました。

20170110_yamada_06.jpeg20170110_yamada_07.jpeg20170110_yamada_08.jpeg

みなさんの12月も素晴らしく充実した締めくくりとなっていたことを願いながら、
2017年も頑張っていきたいと思います。

今年も何卒応援のほどよろしくお願いします。

  • ツイート